BLOGTIMES
2007/09/04

Thunderbirdでメッセージフィルタの設定をExportする

 

先日のmaildropの導入でほとんどのフィルタはサーバサイドに移ったのですが、まだ若干クライアント側にもフィルタは残っています*1

手元にフィルタが残っている限り、やっぱり複数のマシン間でフィルタを同期させたいと思い、手動でもいいのでなんとか複数のマシン間でメッセージフィルタを同期させる方法がないかと探してみたら、メッセージフィルタをインポート/エクスポートするための機能拡張があることがわかりました。その名もThunderbird Message Filter Import/Export。もう、そのまんまの名前ですね。ダウンロードは「Thunderbird Message Filter Import/Export :: Thunderbird Add-ons」からできます。

誰かAddressbooks Synchronizer」の同期対象をこのメッセージフィルタにしたバージョンを作ってくれないかなぁ。

  • *1: ラベルをつけたりとか、クライアントのメールがJunkとして判別されないようにするものとか。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→http://blog.cles.jp/item/2176
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン

★下記に2つの英単語をスペースで区切って入力してください