BLOGTIMES
2021/08/18

JPCERT/CC の TRAFFIC LIGHT PROTOCOL (TLP) の和訳

  jpcertcc  standardization 
このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ情報をメールで受け取ると文頭に TLP:REDTLP:AMBERTLP:GREENTLP:WHITE のような情報の機密性に関する記号がついていることがあります*1

この規格についての和訳を JPCERT/CC が昨年発行していたようなのでメモ。

これまで「RED が公開不可で、AMBER が限定公開、GREEN が組織内公開、WHITE が一般公開」というざっくりとした理解しかしていなかったのですが、こういうルールは一度きちんと目を通しておくことが重要ですね。

JPCERT/CC、Traffic Light Protocol(TLP)の利用ガイダンスの日本語版公開 | TECH+

TLPは電子メールや文書に指定の色情報を標示することによって、そこに記載された情報の公開範囲を明確にするプロトコルである。ガイダンスは世界中のCSIRT (Computer Security Incident ResponseTeam)で構成されるフォーラム「FIRST」によって作成されたもので、TLPに関する定義や利用方法、注意事項などがまとめられている。

  • *1: ちなみに僕がよく見かけるのはTLP:AMBER

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12667
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン