BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2018/11/17

岐阜城に行こうとおもったけれど・・・

gifu  castle 
信長の庭 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・菊人形 織田信長 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・
菊人形 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・菊人形 織田信長と松平元康 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・
噴水 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・岐阜城 - 岐阜城に行こうとおもったけれど・・・

何度も岐阜には来ていますが、岐阜城は見たことがなかったので岐阜公園に出かけてみました。

が、この時期の岐阜城は 16:30 まで*1ということで間に合いませんでした。岐阜城は山の上にあるということは知っていましたが、本当に急峻な山のてっぺんに建っていますね。今日は朝起きるのが遅かったので、次回リベンジしたいと思います。

岐阜城/観光コンベンション課/岐阜市公式ホームページ

岐阜城は、かつて稲葉山城と称し、戦国時代には、斎藤道三公の居城でもあったところです。特に岐阜城の名を天下に示したのは、永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、この地方一帯を平定するとともに、地名も「井の口」を「岐阜」と改称し、天下統一の本拠地としてからでした。


at 16:35 |
2018/11/17

東海道新幹線の英語の車内アナウンスが車掌の肉声になっていた

railways 

数ヶ月ぶりに東海道新幹線に乗ったら、英語の車内アナウンスが車掌の肉声になっていました。

飛行機の CA やパイロットのアナウンスは流ちょうな英語で行われることが普通ですが、そういうレベルでなくてももうちょい JR 東海は英語の教育に力を入れた方がいいんじゃないですかね。
調べてみたら JR 東海は以下のようなプレスリリースも出しているので、肉声はそれまでのつなぎなのかもしれませんが。


    at 14:58 |
    2018/11/16

    Raspberry Pi 3 Model A+ が登場

    raspberrypi 

    もう新製品はでないのかと思っていた Raspberry Pi の Model A ですが、CPU などを最新版にアップデートした Raspberry Pi 3 Model A+*1が発表されていました。

    メモリがちょっと少なめ(512MB)ですが、無線 LAN もついているので、有線 LAN が必要なければこれで十分という感じですね。

    25ドルの「Raspberry Pi 3 Model A+」が発表 - PC Watch

    SoCはBCM2837B0で、CPUコアは1.4GHz駆動のCortex-A53×4、GPUはVideoCore IV(300~400MHz)。メモリは512MB LPDDR2。また、USB 2.0、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2+LE、microSDカードスロット、コンポジットビデオ出力と音声出力を統合した3.5mmミニジャックを備える。


    at 21:31 |
    2018/11/16

    Windows 10 に勝手に LINE がインストールされてたので・・・

    windows10 

    月例の Windows Update が終わったので、マシンをリブートしたら、インストールした覚えがない LINE が自動的に起動してきたのでびっくり
    どうやらこれは僕のマシンだけで起きている現象ではなく、あちこちで発生して不興を買っているようです。

    Windows 10、勝手に「おすすめ」ソフトをインストールする機能でLINEアプリがインストールされ不評を買う | スラド

    Windows 10の「ストア」アプリには、ユーザーの同意なしに勝手に「おすすめ」のアプリをインストールするという機能があるという。この機能で「LINE」アプリが勝手にインストールされる例が最近報告されているようだ

    原因は Microsoft コンシューマー エクスペリエンスという 1511 から導入された、お勧めのソフトを勝手にインストールしてしまう機能で、Sysprep の邪魔にもなるので非常に困った機能なのですが、残念ながら Enterprise と Education 以外では無効化できない*1ようです。


    at 18:32 |
    2018/11/15

    Thunderbird 60 に移行してみた

    thunderbird 
    extensions.strictCompatibility - Thunderbird 60 に移行してみた

    Virtual Identity が Thunderbird 60 に対応したので、重い腰を上げてアップデートをしてみました。
    自動アップデート*1で導入することもできますが、64bit 版に移行したい場合には以下から最新版をダウンロードしてインストールする必要があります。

    このバージョンから Firefox Quantum のときと同じようにアドオンが WebExtensions ベースのもののみの対応となりますが、about:config で extensions.strictCompatibility を false に設定すれば、しばらくの間は以前のアドオンも利用できるようになります。

    Thunderbird — Release Notes (60.0) — Mozilla

    IMPORTANT: Add-ons not marked as compatible with Thunderbird 60 by their authors will be disabled (this can be reverted via preference extensions.strictCompatibility)

    at 21:48 |

    Virtual Identity が Thnuderbird 60 に対応してた

    thunderbird 

    宛先によってメールの From を自動的に切り替えたり、From をアドホックに編集することができる Thnunderbird のアドオン、Virtual Identity が Thnuderbird 60 に対応していました。

    GitHub の Issue に挙がっている(Virtual Identity is not compatible with Thunderbird 60 · Issue #19 · absorb-it/Virtual-Identity)のは知っていたのですが、その後、対応版である 0.10.3 がリリースされていました。

    以下からダウンロードできます。


      at 17:36 |

      はてな認証 API がひっそり終了

      eol  hatena 

      はてな認証 API がひっそりと終了していました。
      実はこのブログの認証で使っていたので、ちょっと困ってたりします。

      2018年10月31日(水) をもって、はてな認証APIの提供を終了します。それに伴い、OAuthへ移行をお願いいたします - はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

      はてな認証APIは、はてなアカウントによるユーザー認証をサードパーティのアプリケーションでも利用できるようにする開発者向けAPIで、2006年4月24日に公開しました。
      なお、代替として、はてなではOAuthサービスプロバイダの機能を提供しておりますので、こちらのへの移行をご検討ください。


        at 21:45 |

        今日は Windows Update の日( 2018 年 11 月 )

        windows 

        今日は月例の Windows Update の日でした。
        深刻度が緊急のものが結構あるので、毎度ながら早めの適用を心がけたいところです。

        参考


          at 17:54 |
          2018/11/13

          パーキンソン病に対する iPS 細胞の治験が始まる

          medical  parkinsonsdisease 

          パーキンソン病患者に対する iPS 細胞による治験*1が始まっていました。
          なんとか成功して、ぜひとも保険適用されるようになって欲しいものです。

          パーキンソン病患者にiPS移植…京大で世界初 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

          京都大病院は9日、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病にかかった50歳代の男性患者の脳に移植したと、記者会見で発表した。保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環で、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植した手術は、世界初となる。


          at 22:24 |

          NICT が国内の IoT 機器をポートスキャンするらしい


          情報通信研究機構(NICT)が国内の IoT 機器向けにポートスキャンを実施するようです。

          これは法律の改正により、NICT の業務にパスワード設定等に不備のあるIoT機器の調査が加わったため、実施できるようになったもので、5年間の時限措置とのこと。
          実施は11月14日(水) に開始しされ、来年1月末までが目途とのこと。発信元アドレスも公開されているので、NICTにスキャンされたくない場合にはこの IP をフィルタすることもできます。

          日本国内でインターネットに接続されたIoT機器等に関する事前調査の実施について | NICT-情報通信研究機構

          今後の具体的な検討にあたっては、日本国内でインターネットに接続されたIoT機器等につき、当該接続状況などの全体的な傾向、概数等を把握する必要があることから、ポート開放状況の把握など、現状に関して、事前の準備のための調査を実施することといたします。

          参考


            at 20:03 |
            «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»