BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2020/06/02

「東京アラート」発動へ

covid19 

都内では新型コロナウィルスの感染者が増加傾向にあるということで、東京アラートが発動されています。
とはいえ、休業要請などの段階的な緩和はステップ2のままなので、結局は呼びかけするだけという感じなんですかね。

東京都が初の「東京アラート」都民に警戒呼びかけ 新型コロナ | NHKニュース

東京都は2日、都内で新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されるなど感染状況の悪化の兆候が見られるとして、都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を出しました。「東京アラート」が出されるのは初めてです。

緊急事態宣言が解除されてから、ちょっと緩みすぎのような感じもしていましたが、これから2週間後はかなりまずそうな感じもしますね。


    at 23:33 |
    2020/06/02

    マイナンバーカードの電子証明書の有効期限通知が届いた

    mynumber  expiredcertificate  文京区 

    今月の誕生日でマイナンバーカードの電子証明書の有効期限が切れるので、J-LIS (地方公共団体情報システム機構)から、「マイナンバーカード・電子証明書有効期限通知書 在中」と書かれた封書が届きました。住基カードのときは特に有効期限切れのお知らせというのはなくて、代わりに税務署から有効期限の確認の手紙が来たりしていましたが、マイナンバーになってからは J-LIS がお知らせしてくれるようになってたんでしたね。

    有効期限通知書について – マイナンバーカード総合サイト

    電子証明書の有効期限通知について

    電子証明書のみの有効期限通知です。
    必要書類をお持ちの上、お住まいの市区町村窓口にお越しください。

    以下を読むと、いずれにせよ時間があるときに窓口にいかないといけないみたいですね。

    忘れていて期限切れになっているといざというとき困るので、さっさと更新しておこうと思います。


      at 19:54 |
      2020/06/01

      NICT が過去の実践的サイバー防御演習 CIDER の教材を期間限定で公開

      reference  nict 

      NICT のナショナルサイバートレーニングセンターが毎年実施している実践的サイバー防御演習「CYDER」の過去の演習教材の一部を期間限定で一般公開していたのでメモ。
      教材のダウンロードは無料ですが専用のフォームから申し込む必要があります

      実践的サイバー防御演習「CYDER」の教材を期間限定で一般公開 | NICT-情報通信研究機構

      国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)ナショナルサイバートレーニングセンターは、当センターが推進する実践的サイバー防御演習「CYDER*」の周知啓発の取組の一環として、本日、期間限定で過去の演習教材の一部の一般公開を開始しました。

      好評のため申し込みが殺到しているようで、ダウンロードできるまで少し時間がかかったりするようです。また、今回の一般公開は緊急事態宣言を受けた暫定的な対応ということのようなので、緊急事態宣言が解除された現在、この措置は近々に打ち切られる可能性があります。どうしても欲しい場合は、早めに申し込んだ方がいいかもしれません。


        at 20:41 |
        2020/06/01

        docker-compose でコンテナの自動起動を設定する

        docker 

        docker のサービスが起動されると、docker-compose で管理しているコンテナも同時に自動的に起動するように設定をしてみたのでメモ。
        やり方は簡単で docker-compose.yml の ports: や volumes: と同じ階層に restart: always と書いてやれば OK でした。

        ports: ・・・・ volumes: ・・・・・ restart: always

        参考


          at 18:18 |
          2020/05/31

          Python でも nkf

          python  charset 

          昔、Ruby で書いたコードを Python に移植していて困ったのが、nkf でやっていた全角半角変換をどうするかということ。
          このあたり文字コードと絡んできて、いろいろと面倒なので Python 用の nkf がないかなと思って探してみたらやっぱりありました。

          インストールも pip install nkf で一撃です。
          nkf を通してしまうとバイナリに戻ってしまうので、decode() を使って文字列に戻してあげる必要があります。

          $ python Python 3.8.3 (default, May 29 2020, 18:19:32) [GCC 8.3.1 20190507 (Red Hat 8.3.1-4)] on linux Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>> import nkf >>> nkf.nkf('-Z1w', "あいうえおアイウエオ12345ABC#$@").decode('utf-8') 'あいうえおアイウエオ12345ABC#$@'

            at 19:39 |

            CentOS 8 で .vimrc が読み込まれない?

            vi  centos8 

            CentOS にしてから .vimrc が読み込まれないのでおかしいなと思っていたら、vim-minimal は .virc を読み込むように変更されていました。

            どうしても minimal じゃなきゃやだというわけでもないので、大人しく vim-enhanced 導入してしまいました。

            dnf -y install vim-enhanced

              at 14:08 |
              2020/05/30

              Python で Solr をいじる

              python  solr 

              Python で Solr にアクセスする必要があったので、solrpy を使ってみました。
              ちょっと古いライブラリですが、対象の Solr もちょっと古かったのでちょうど良かった感じでした。

              search5/solrpy: Automatically exported from code.google.com/p/solrpy

              solrpy is a Python client for Solr, an enterprise search server built on top of Lucene. solrpy allows you to add documents to a Solr instance, and then to perform queries and gather search results from Solr using Python.

              検索をするサンプル

              見たまんまですが、ページングの処理には next_batch() を使う必要があります。

              from solr import SolrConnection solr_url = "http://host/solr/core0/" solr_query = "*:*" solr_fl = ['id'] solr = SolrConnection(solr_url, timeout=600) resp = solr.query(solr_query, fields=solr_fl , rows=100) for hit in resp.results: print(hit['id']) while resp := resp.next_batch(): for hit in resp.results: print(hit['id'])

              while の条件式中で代入文を使いたかったので、Python 3.8で新しく導入された代入式*1(いわゆるセイウチ演算子) := を使ってみました。
              今まで Python はこういう書き方できなかったんですね。。。。


              at 23:38 |

              Python で Elasticsearch をいじる

              python  elasticsearch 

              全文検索サーバとしてはいつのまにか Apache Solr よりも Elasticsearch の方がシェアが高くなってしまっていて*1、最近新規導入するのは Elasticsearch ばかりという感じになってきました。Elasticsearch は単体ではほとんど機能がありませんが、Logstash, Kibana, Beats との組み合わせが強力なんですよね。どちらもベースは Lucene なので、クエリとかは共通なのでそこは助かるんですけどね。

              Python から検索する

              今回は Python でバッチを開発するので、Python 用の Elasticsearch Client を使ってみます。

              Python Elasticsearch Client — Elasticsearch 8.0.0 documentation

              Official low-level client for Elasticsearch. Its goal is to provide common ground for all Elasticsearch-related code in Python; because of this it tries to be opinion-free and very extendable.

              クライアントライブラリは Elasticsearch のバージョン毎に用意されているので、pip install elasticsearchX (Xはバージョン)のような感じでインストールしておきます。ページングの処理が独特なので、自前で頑張るよりも以下のように helpers.scan() を使うと、for 文で処理が進むと必要なだけのデータが順次取得されるようになります。

              from elasticsearch7 import Elasticsearch, helpers es_hosts = ['elasticsearch:9200/'] es_index = 'index-*' lucene_query = '@timestamp:[2020-01-01T00:00:00.000+09:00 TO 2020-12-32T23:59:59.999+09:00]' es = Elasticsearch(es_hosts, maxsize=20, send_get_body_as='POST') resp = helpers.scan(client=es, index=es_index, q=lucene_query, size=1000, scroll='5m', _source_includes=['some_field']) for hit in resp: print(hit["_source"]['some_field'])

              query は元々 Solr 使いなので、Lucene 形式の方が楽ですかね。


              at 20:21 |
              2020/05/29

              Twitter で予約投稿が可能に

              twitter 

              Twitter のウェブ版にツイートの予約投稿機能が実装されたようです。

              イベント用に時間を決めてメッセージを投げたいという場合などに、これまではサードパーティのサービスを買って使っている人も多かったと思いますが、これからは標準機能だけで簡単に実現できますね。タイムゾーンの設定が見えるので、時間を勘違いするということもなさそうです。


                at 22:44 |

                郵便発祥の地

                monument  japanpost 
                郵便発祥の地 - 郵便発祥の地

                国際郵便をうけとりに日本橋郵便局に行ったら、入口の脇にに郵便発祥の地という碑があることに気づきました。確かにこのあたりでは最も大きくて、歴史がありそうな郵便局ですが、郵便発祥の地だというのは知りませんでした。

                郵便発祥の地
                ここは、明治四年三月一日(1871年4月20日)わが国に新式郵便制度が発足したとき駅逓司と東京の郵便役所が置かれたところです

                西暦と和暦の月日がずれているので、これはいわゆる旧暦ですね。
                調べてみると新暦になったのは明治6年以降のようです*1

                また、駅逓司(えきていし)というのは、逓信省の元になった組織のようです。


                at 15:12 |
                «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»