BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2021/01/25

PCR 検査は予定通り陰性でした( 2 回目 )

covid19  medical 
陰性 - PCR 検査は予定通り陰性でした( 2 回目 )

PCR 検査の結果は予定通り陰性
陰性であるとはおもっているものの、結果レポートを開くときはちょっとドキドキしますね。


    at 09:25 |
    2021/01/25

    nmcli で IP エイリアスを設定する

    centos8  centos7  networking 

    nmcli*1 で NIC に IP エイリアスを追加しようと思ったらハマってしまったのでメモ。
    基本的には nmcli connection modify してから NetworkManager を restart すれば OK かと思ったのですが、明示的に自分で up しないと設定が反映されませんでした。

    nmcli connection modify ens192 +ipv4.addresses "192.168.0.1/24" nmcli connection up ens192

    at 06:23 |
    2021/01/24

    Linux が搭載できない Raspberry Pi Pico 登場

    raspberrypi 
    Raspberry Pi Pico Raspberry Pi RP2040デュアルコアARMCortex M0 +プロセッサをベースにしたフレキシブルマイクロコントローラーボード

    Raspberry Pi シリーズで最も小さなRaspberry Pi Pico*1が発表されていたのでメモ。

    価格は $4 で Linux は搭載できないということなので、SBC というよりも Arduino のようなマイコン的な使い方をするためのもののようですね。
    僕は OS がないとだめな軟派なエンジニアなので、ちょっと守備範囲外ということになりそうです。


    at 08:38 |
    2021/01/23

    PCR 検査を受診 ( 2 回目 )

    covid19  medical 
    唾液検体 - PCR 検査を受診 ( 2 回目 )

    来週のイベントに備えて今年 2 回目の PCR 検査です。

    検体の郵送って大丈夫なの?

    PCR 検査キットの検体を梱包するための袋には大きなバイオハザードマークが書かれているので、ふと思ったのですが、この検体って本当にコロナウィルスが入っている人もいるわけで、実は結構危険なものだったりしますよね。この検体は郵送するわけですが外袋には検体を表すような表記がないので「そもそもこれって郵便で送っても大丈夫なのかな?」と思って調べてみたら、つい最近ガイドラインができたみたいですね。

    PCR検査検体の郵送 容器3重に包むなど対策を 日本郵便 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

    これを受けて日本郵便は、郵送の際にウイルスが漏れることを防ぐため利用者に対策を行うよう呼びかけています。
    具体的には、
    ▽検体を容器に入れる際にウイルスを感染しない状態にする「不活化」を行うこと、
    ▽検体を入れた容器を3重に包み「UN3373」と記載された箱を、もっとも外側にすること、
    そして、
    ▽ゆうパックで送る際には、ラベルの内容欄に「コロナ検体(不活化済)」と記載することなどを求めています。
    来月1日以降、適切に対策が取られていない場合は引き受けを断るとしています。


      at 13:01 |
      2021/01/22

      国際郵便が開披検査にあたった

      japanpost 
      開披検査 - 国際郵便が開披検査にあたった

      イスラエルから買った Mellanox のケーブルが税関で開披検査にあたってしまいました。
      内容物はプチプチにくるまれた状態で中身が丸見えですし、CN22 の価格もとくに誤魔化されてたりしないので何で検査にあたったのかよく分かりません。


        at 17:03 |
        2021/01/19

        これが本物の「Amazon セキュリティ警告」

        amazon  phishing 
        Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました - これが本物の「Amazon セキュリティ警告」

        普段使っていない PC から Amazon のアカウントにログインしたら「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」というメールが送信されてきました。この手のメールは、フィッシングではよくお目にかかるパターンですが本物を見たのは初めてかもしれません。

        本物とフィッシングの見分け方

        ちなみに本物とフィッシングの見分け方ですが、ポイントは以下の点でしょうか。

        本物の特徴

        • メールの冒頭に自分の氏名(Amazon Japan なので、配送に使っている漢字の氏名)が書かれている。
        • メール中の URL をクリックすると amazon.co.jp のドメインのサイトが開き、自分のサインインかどうかを確認する画面が出る(このとき、ログインは求められない
        • SPF や DKIM の正しい署名がついている

        フィッシングの特徴

        • 顧客名が「お客様」やメールアドレスになっている
        • メール中の URL をクリックすると amazon.co.jp ではないドメインのサイトが開き、ログインを求められる
        • SPF や DKIM の正しい署名がついていないことがある

          at 21:08 |

          ScanSnap が 2 年ぶりにモデルチェンジ(iX1600)

          自炊 
          富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600 (ホワイト/両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)

          僕のところでも文書のスキャナとして大活躍している ScanSnap が2年ぶりにモデルチェンジ*1するようです。

          ScanSnap はこれまでも軽快な動作に定評があり、使っていてもストレスが少ないスキャナでしたが、さらにスキャン速度が 33% 高速化したとのこと。前回のモデルチェンジは 6 年ぶりとかでしたが、コロナで売れているのか今回のモデルチェンジはサイクルがかなり早くなっていますね。

          「ScanSnap」がモデルチェンジ、33%高速化した「iX1600」発売、毎分40枚のスキャンが可能に - INTERNET Watch

          2018年に発売した「iX1500」から2年ぶりのモデルチェンジ。従来機種に比べ、スキャン速度が33%高速になった。本体カラーはホワイトに加え、ブラックをラインアップ。そのほか、大画面タッチパネルのUIがアップデートされ、ユーザーや接続デバイスの切り替えがしやすくなった。


          at 14:52 |
          2021/01/18

          共通テスト中にマスクから鼻出しで失格になった受験生が話題に

          undergraduate 

          今年からセンター試験に代わってスタートした大学入学共通テストで、マスクから鼻出しで失格になった受験生がいたことが話題になっています。
          聞くところによると、マスクの装着方法に関する注意はどこでもそこそこ発生はしたようです。

          いろいろと議論が沸騰していますが、共通試験はとにかくルールが煩雑で、誤りがあると再試験を実施しなければならないということもあって、監督にあたる教員もかなりの緊張を強いられます。そんなわけで、監督者が独断で軽々しく受験者を失格にすることはできません。今回の場合は 6 度に渡る注意を受け、次で失格になることも告げられた上での失格なので、これはもうしょうがないかなという印象です。おそらくですが、センターとも協議した上での結論ではないかと思われます。

          鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も - 毎日新聞

          16、17日に実施された大学入学共通テストで、鼻をマスクで覆うように試験監督者から何度も注意を受けながら指示に従わず失格となった受験生が、失格を告げられた後、会場内のトイレに立てこもり警察に退去させられていたことが文部科学省関係者への取材で判明した。


            at 22:08 |

            アイコンを見るだけで NTFS が破損する問題については MS が修正へ

            windows 

            パス名に $i30 が含まれているフォルダにアクセスするだけで NTFS が破損する脆弱性*1については、少し前から結構話題になっていましたが、近日中に修正されることになったようです。

            問題の再現方法については調べれば簡単にわかりますが、本当にディスクが飛びますので、ちょっと試してみるみたいなことはやめておいた方が無難です。

            アイコンを見るだけでディスクが破損するNTFSの脆弱性が修正へ - PC Watch

            この脆弱性は、Windows 10 1803以降のバージョンにおいて文字列“$i30”を含んだコードがWindowsショートカットに含まれる場合に、そのショートカットを実行しなくてもドライブが破損するというもの。コマンドプロンプトのcdコマンドなどでコードを実行した場合はもちろん、Windows上でアイコンが見えた時点で、そのショートカットがZIPファイルの中に存在するだけでも発生する。


            at 19:06 |
            2021/01/17

            C 言語で cwd を取得する

            c 

            C で cwd を表示するプログラムが書きたくなって調べてみたのでメモ。
            やり方はいろいろあるようなのですが、Linux / Windows 両対応させたいので POSIX に含まれている getcwd()*1 を使ってみました。
            C はアプリを書くために普段あまり使っていないので、やっぱりちょっと面倒な感じがしますね。

            #include <stdio.h> #ifdef _WIN32 #include <stdlib.h> #include <direct.h> #define PATH_MAX _MAX_PATH #elif defined __linux__ #include <linux/limits.h> #endif int main() { char path[PATH_MAX]; getcwd(path, PATH_MAX); puts(path); return 0; }

            at 13:54 |
            «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»