BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2017/04/23

交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた

Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  tokyo  car  railways 
排ガス・燃費試験 シャシダイナモメータ - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた排ガス・燃費試験 車載装置 - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた
列車運転シミュレーター - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた列車運転シミュレーター スクリーン投影 - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた
鉄道用台車試験設備 - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた霧体験 霧を発生させる装置 - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた
霧体験 霧の出始め - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた霧体験 だんだん霧が濃くなる - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた
霧体験 霧の状態での飛行場の滑走路 - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた霧体験 濃霧で視界は数メートルに - 交通安全環境研究所の一般公開 2017 にいってきた

今日最後の見学は交通安全環境研究所。ここでは船と航空機以外の乗り物である、電車と自動車に関する安全技術と、燃費や排ガスなど環境にかかわる技術開発が行われているようです。

近年、燃費不正や排ガス不正が問題になりましたが、これらを調べるために一般的に使われているシャシダイナモメータや排ガス・燃費試験機器などが展示されていました。ちなみにシャシダイナモメーターを使って走行試験を行うとタイヤが回転するだけで車自体は動かないため、ラジエーターに風があたりません。この状態で車を走らせ続けるとエンジンの除熱が追いつかずすぐにオーバーヒートしてしまいます。これを防ぐために設置されている大型送風機を使った風を体験するデモンストレーションが行われていました。

鉄道関連では、リアルな電車で Go のような列車運転シミュレーターや、カーブを曲がったときの台車がどのような挙動を示すかを調べるための鉄道用台車試験設備などの展示が行われていました。

一番おもしろかったのは霧体験という、人工的に濃霧を発生させる装置を使った体験。単なる霧吹きのようですが、数分もするとあっという間に数メートル先も見えないような濃霧になるのでびっくり。この状態で、照明の条件等を変えて飛行機の滑走路や、街灯、自動車のライトを使って視認性の向上のための試験が行われているようです。


    at 15:26 |
    2017/04/23

    電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた

    Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  tokyo 
    電波無響室 - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた機上 SBAS 受信機は GARMIN 製 - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた
    仙台空港の様子をモニタリング - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた建物の上にはレーダーが - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた

    次にやってきたのは海上技術安全研究所の隣にある電子航法研究所。建物の上にはレーダーがぐるぐる回っていて、いかにもレーダーの研究してますよという外観をしています。

    ここには電波無響室(電波暗室)があったり、ILS(計器着陸装置)や航法装置である SBAS(衛星航法補強システム)があったりと、航空機の運航にかかわるパイロットや航空管制官の支援を行う技術の開発が行われています。もちろんフライトシミュレータも設置されています。

    ちなみに電子航法研究所には仙台空港に隣接した岩沼分室があり、仙台空港を使って様々な実験が行われいるとのこと。そんなものがあったとは全く知りませんでした。画面ではちょうど仙台空港をリアルタイムに映し出しながら、地上にいる航空機の位置を表示するシステムのデモが行われていました。


      at 14:04 |
      2017/04/23

      「ウコン桜」という黄緑色の桜を初めて見た

      Travelogue 科学技術週間  tokyo  観桜 
      鬱金桜(ウコン桜) - 「ウコン桜」という黄緑色の桜を初めて見た満開の鬱金桜(ウコン桜) - 「ウコン桜」という黄緑色の桜を初めて見た

      海上技術安全研究所の敷地内に鬱金桜(ウコン桜)という黄緑色の花を咲かせる珍しい桜が植えてありました。僕もこういう桜の実物を見るのは初めてです。

      八重桜なので、時期的にちょうど満開を迎えているのですが、色が色だけに近くまで行かないと満開だといいうことが分からないほど。咲き始めは赤い部分が全くないようですが、ピークを越えると少しずつ花が色づいてくるらしいので、ギリギリシーズンに間に合ったという感じだったようです。


        at 13:10 |
        2017/04/23

        海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた

        Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  tokyo 
        造波装置で水面に波で字を描く - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた操船リスクシミュレーター - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた
        海底熱水鉱床探査用ロボット - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた海底熱水鉱床探査用中継器 - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた
        発泡スチロールのコップに水深 1000m の圧力を掛けると・・・ - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた係留浮体の模型試験 - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた
        400m 水槽 - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた400m 水槽を使った模型船によるテストのデモンストレーション - 海上技術安全研究所の一般公開 2017 にいってきた

        一昨年の科学技術週間では調布の JAXA の公開に行きましたが、JAXA だけでも1日では時間が全く足りず、隣接している海上技術安全研究所・電子航法研究所・交通安全環境研究所の3研究所には足も踏み入れることができなかったことを思い出して、今日は JAXA に行かずにこれらの3つの研究所をメインに見学することにしました。

        まずやってきたのは海上技術安全研究所。研究は「海洋資源及び海洋空間の有効利用」「海上交通の安全及び効率の向上」「海洋環境保全」が中心になっており、自律稼働する資源調査ロボットや、造波装置を備えた大型の水槽、船橋を模した大型の操船シミュレータなどが備えられていて、どれも見応えがありました。

        特に造波装置の完成度はかなり高く、水面に波を使って自由な模様(数字や絵など)を描くことができるほど。見学していた子供達も大喜びでした。操船シミュレータは電車で Go の船バージョンのような感じですが、昼夜や、視程などが自由に変更できて海難事故のシミュレーションなどに役立てられているとのこと。巨大な 400m 水槽は透明度が高いのでそれほど深くないようでしたが、なんと水深は8mもあるそうで、この量で三鷹市全体の上水道1日分に相当するとのこと(ただし、この水は水道水ではないとのこと)。


          at 12:33 |
          2017/04/22

          理研のコンピュータ室はどうなっているか(理研 和光地区一般公開 2017)

          Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  saitama 
          Shoubu - 理研のコンピュータ室はどうなっているか(理研 和光地区一般公開 2017)サーバ群 - 理研のコンピュータ室はどうなっているか(理研 和光地区一般公開 2017)
          テープライブラリ - 理研のコンピュータ室はどうなっているか(理研 和光地区一般公開 2017)ステータスモニタ - 理研のコンピュータ室はどうなっているか(理研 和光地区一般公開 2017)

          ソフトウェアが専門なので、情報基盤棟で理研のコンピューター室を見学。

          まず目につくのは、大きなステンレス製のタンクの中で透明な液体に浸かっている Shoubu*1 というスーパーコンピュータ。スパコンのランキング Green 500 で 1 位を獲得したというマシンです。この透明な液体はフロリナート*2という特殊な液体で、800ml 前後で3万円以上もするという非常に高価なもの。これを数百L使うのですからこれだけで1000万単位のお金がかかっているということになります。フロリナートのことはずっと前から知っていましたが、実物を目にしたのは初めてです。

          通常のラックに入ったサーバは見飽きていますが、大手 SI を辞めてから10数年ぶりに全自動テープライブラリを目にしました。


          at 14:14 |

          東大 原子核科学研究センターと萌えキャラ(理研 和光地区一般公開 2017)

          Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  saitama 
          ODEOちゃん - 東大 原子核科学研究センターと萌えキャラ(理研 和光地区一般公開 2017)CATちゃん - 東大 原子核科学研究センターと萌えキャラ(理研 和光地区一般公開 2017)

          仁科 RI ビームファクトリーを見学していて、見学ルートの途中に ODEO と書かれた萌えキャラのタペストリーが掛けてある場所が。よく見てみると the University of Tokyo(東大) と書かれています。

          それがちょっと気になったので仁科 RI ビームファクトリーの見学を終えてから、仁科 RI ビームファクトリーの近くにある 東京大学大学院理学系研究科付属 原子核科学研究センターに立ち寄ってみました。そうしたら、展示スペースで CAT と書かれた2体目の萌えキャラを発見。

          帰ってきてから調べてみると、検出器の擬人化キャラクター紹介ページが用意されていました。これによると、ODEO ちゃんや CAT ちゃんの他にも、まれいたそ
          GRAPEちゃんがいるようです。


            at 14:03 |

            新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)

            Travelogue 研究機関  科学技術週間  社会科見学  saitama 
            超伝導リングサイクロトロン SRC - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)ビスマスターゲット - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)
            亜鉛 - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)ビームライン - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)
            森田博士と113番元素 - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)113 Nh Nihonium - 新元素ニホニウムと RI ビームファクトリー(理研 和光地区一般公開 2017)

            今日は毎年恒例の科学技術週間ということで、和光の理研にやってきました。
            昨年 113番元素 ニホニウムが命名されたこともあり、仁科 RI ビームファクトリーはたくさんの見学者が訪れていました。

            見所はいろいろありますが、なんと言っても大型の設備である超伝導リングサイクロトロン SRCが圧巻でした。この機械だけでなんと東京タワー2個分の 8400t という重さがあるそうです。こんな大きな装置ですが、実際にニホニウムを作るために使われた原料であるビスマスと亜鉛はとても小さく、そのギャップがなんとも言えません。


              at 12:40 |
              2017/04/21

              iPhone のケースは引き続き iFace に

              Mobile iphone7 
              iPhone7 ケース カバー iFace First Class ストラップホール付き 正規品 / レッド

              新しく導入した iPhone7 ですが、やはり落下等が怖いので iPhone 5s の時と同じく iFace というケースに入れることにしました。
              iPhone 用のケースとしてはかなり厚くて野暮ったい感じですが、壊してしまうリスクとのトレードオフなので仕方ありません。


                at 21:55 |

                スマホを iPhone7 に

                Mobile ios  iphone7 
                【SoftBnank版】iPhone7 Plus 128GB レッド☆MPR22J/A

                これまで3年前に買った iPhone 5s を使ってきましたが、さすがにガタが来ているので iPhone 7 に乗り換えました。

                モデルはいつもどおり使っている人が少ないと思われる iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition*1(購入金額の一部が世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付される)の 128GB モデル。これまで 32GB モデルを使っていて残容量がパツパツでしたが、これで容量的に余裕を持って運用できそうです。

                あえて plus にしなかったのは、実質的にポケットに入らない Nexus 6 の大きさに懲りたからです。

                ちょっと使ってみた感想

                ホームボタンは機械式から感圧式に変更されていますが、個人的には Taptic Engine の感触は悪くないと思います。Touch ID のセンサーの認識精度も上がっていてストレスもだいぶ少なくなりました。単にデータをコピーしただけの状態ですが、これから iPhone 7 らしい使いこなしにしてきたいと思います。


                at 21:41 |
                2017/04/20

                FE Echoes 発売!

                Game fireemblem 

                FE 外伝のリメイクである FE Echoes が本日発売されました。
                宅急便で届いた VALENTIA COMPLETE をなんとか受け取ることはできましたが、忙しいシーズンなのでプレイはしばらく先になりそうです。


                  at 21:04 |
                  «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»