BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2017/06/27

Lexar ブランドがなくなるかも?

xqd 
Lexar Professional 2933x XQD 2.0カード 128GB (最大読込 440MB/s、最大書込 400MB/s)[国内正規品] 無期限保証 LXQD128CRBJP2933

マイクロンが Lexar ブランドの記録メディア事業から撤退するということがニュースになっていたのでメモ。D500 ユーザーとしては安価で性能の高い XQD カードが手に入らなくなるというのは痛いです。今のうちに何枚か買いだめしておいた方がいいかもしれませんね。。。。。


    at 23:42 |
    2017/06/27

    今度はミニスーパーファミコン

    nintendo  fireemblem 

    先日のニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータに引き続いて、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの発売が発表*1*2されました。

    収録されているソフトは21タイトル。基本的には過去のソフトが収録されているわけですが、なんとこのスーパーファミコンにはまさかの新作スターフォックス2」が含まれています。これは完成したもののお蔵入りになっていたものを収録したとのこと。その他にもエムブレマー的には紋章の謎が含まれているのもポイント高いですね。

    気になる発売は2017年10月5日、価格は7,980円です。今回も品薄になりそうですね。


    at 21:33 |
    2017/06/26

    「DB2」が「Db2」になり、デベロッパー向けの無償版も公開に

    ibm 

    IBM の RDBMS である DB2Db2 になり、開発向けの無償版「Db2 Developer Community Edition」が公開されていました。
    開発用なので本番利用はできませんが、これまで開発者バージョンも有償提供だった DB2 としてはかなり思い切ったライセンスの変更になっているようです。

    通常版のクラウド対応、JSONサポート機能も強化:IBM、データベース「Db2」の開発者向け無償版「Db2 Developer Community Edition」を公開 - @IT

    Db2 Developer Community Editionは、本番環境での利用不可、インスタンスメモリ量(16GBまで)、データベースサイズ(100GBまで)などの制限を設けつつ、「Enterprise Edition」のほぼ全機能を利用でき、アプリケーションのプロトタイプを迅速に構築できるように設計された開発者向けエディション。

      at 23:00 |
      2017/06/26

      Unicode が Ver. 10 に

      charset 
      Figure 18-10 Hentaigana Distinct Parent Ideographs - Unicode が Ver. 10 に
      The Unicode Consortium, "Figure 18-10 Hentaigana Distinct Parent Ideographs," The Unicode Standard Version 10.0 - Core Specification, Chapter 18, p.710, Jun. 2017.

      Unicode 10.0.0が公表されました。
      今回の改訂で 8,518文字が追加され、合計で136,690文字になったようです。

      The Unicode Blog: Announcing The Unicode Standard, Version 10.0

      Version 10.0 of the Unicode Standard is now available. For the first time, both the core specification and the data files are available on the same date. Version 10.0 adds 8,518 characters, for a total of 136,690 characters.

      興味深いこととしては日本語の変体仮名が収録されたことでしょうか。

      参考


        at 22:10 |
        2017/06/25

        OpenVPN 2.4.3 リリース(CVE-2017-7520、CVE-2017-7521、CVE-2017-7522、CVE-2017-7508)

        openvpn  cve 

        OpenVPN 2.4.3 がリリースされていました。
        セキュリティに関係するものとしては CVE-2017-7520CVE-2017-7521CVE-2017-7522CVE-2017-7508 への対処が含まれています。

        以下の OpenVPN.JP のエントリを読む限り、今回の脆弱性は特定の状況が揃わないと発現しない問題のようですね。

        OpenVPN 2.4.3 リリース | OpenVPN.JP

        CVE-2017-7520、7521、7522は、「プロキシでNTLMv2を使用している」、「--x509-username-fieldオプションを使用している」、「サーバー側で--x509-trackオプションを使用している」という条件を満たしていない限り、これらの脆弱性の影響は受けない。
        CVE-2017-7508は「IPv6をVPNトンネル内で使用していること」、「--mssfixを使用していること」、「不正なIPv6パケットをファイアウォールでブロックしていない」といった条件を満たさない限りは影響を受けない。

          at 22:51 |

          Emscripten を CentOS 7 で試す

          c  cpp  javascript  centos7 

          Emscripten という C/C++ を JavaScript に変換できる LLVM のバックエンドを CentOS 7 で動かしてみました。
          名前だけは聞いたことがあったのですが、これまできちんと動かしてみたことがなかったのでした。

          Emscripten

          Emscripten is an LLVM-based project that compiles C and C++ into highly-optimizable JavaScript in asm.js format. This lets you run C and C on the web at near-native speed, without plugins.

          CentOS だとセットアップが面倒?

          あまり CentOS で使っている人はいないようで、セットアップにちょっと苦労しました。
          最新版のバイナリビルドは clang が glibc が古いというエラーを吐くので、仕方なく clang はソースからビルドしました。

          # 必要なツールのインストール yum install -y epel-release yum install -y cmake3 nodejs npm java-1.8.0-openjdk java-1.8.0-openjdk-devel # cmake3 をデフォルトにする ln -s /usr/bin/cmake3 /usr/local/bin/cmake # emsdk のダウンロードと展開 cd /opt wget https://s3.amazonaws.com/mozilla-games/emscripten/releases/emsdk-portable.tar.gz tar zxvf emsdk-portable.tar.gz cd emsdk-portable # 最新版のバイナリビルドをインストール ./emsdk install latest ./emsdk activate latest # clang の最新版をソースからビルド(かなり時間がかかります) ./emsdk install clang-incoming-64bit ./emsdk activate clang-incoming-64bit # 環境変数を設定 . emsdk_env.sh

          環境変数の設定の部分の . emsdk_env.sh はログインする度に実行する必要があります。

          [Emscripten を CentOS 7 で試す の続きを読む]

            at 20:11 |
            2017/06/24

            2017年の国際競争力ランキング、日本の順位は変わらず 26 位

            ranking  competitiveness 
            The World Digital Competitiveness Ranking 2017, Japan - 2017年の国際競争力ランキング、日本の順位は変わらず 26 位
            IMD World Competitiveness Center, "IMD World Digital Competitiveness Ranking 2017," p.100, May. 2017.

            スイスにあるビジネススクール IMD の World Competitiveness Center が恒例の国際競争力ランキングを発表していました。

            今年は 1位、2位の香港スイスの順位は変わりませんでした。日本の順位も 26 位と昨年と変わらず低空飛行のままです。大きく順位を上げたのはトップテン入りした UAE の 15位→10位、その他にはフィンランドの 20 位→ 15 位、中国の 25 位→ 18 位、カザフスタンの 47 位→ 32 位 のようです。

            今年は IT 環境が特集に

            ちなみに今年の特集は「The World Digital Competitiveness Ranking 2017」。IT の競争力ランキングですね。評価対象は Knowledge (知識)、Technology environment (技術環境)、Future readiness (未来への準備)の3領域のようですが、最後の Future readiness はどう見ても日本は高くなさそうです。

            ちなみに日本の結果は 27 位と通常の競争力のランキングとほぼ変わらない結果になっています。
            詳細な日本の強みと弱みを見てみるとこんな感じになります。

            • 強み
              • Pupil-teacher ratio (tertiary education)(中等教育における生徒教員比)2位
              • High-tech patent grants(ハイテク特許取得)3位
              • Mobile Broadband subscribers (モバイルブロードバンド加入者数)1位
              • Sofware piracy (ソフトウェア違法利用)2位
              • E-Participation (行政による情報公開等)2位
            • 弱み
              • International experience (国際経験)63位
              • Digital/Technological skills (デジタル/技術スキル)59位
              • Opportunities and threats (ビジネスの競争環境)60位
              • Agility of companies (会社の俊敏性)63位
              • Use of big data and analytics (ビックデータ活用)59位

            個人的な能力でいくとスマホだ国際化だと言っても、国際経験やデジタル/技術スキルがかなり低い(最下位グループ)のが気になりますし、新しいビジネスが立ち上がらないのは競争環境が十分でなく、今ある会社の俊敏性もない結果であるというのも頷けます。

            [2017年の国際競争力ランキング、日本の順位は変わらず 26 位 の続きを読む]

              at 11:52 |

              今日は「LD GR1,AGE」「LAD GR1,1,GR1」「ST GR1,AGE」の日


              なんか題名が壊れたみたいになっていますが、CASLII で書いてあるだけです。
              情報処理技術者試験に使われている簡易なアセンブラですね。

              これまで誕生日にはage++とか0x20とか0b100010とかage = age + 1やってきましたが、さすがにネタが切れてきました。

              それにしても、もう40目前なのが嘘のようです。

              完全版はこちら

              完全なプログラムは以下で、CASLシミュレータ (CASL II 対応)などのシミュレータを使うと実際に実行することができます。

              MAIN START LD GR1,AGE LAD GR1,1,GR1 ST GR1,AGE RET AGE DC 37 END

                at 09:57 |
                2017/06/23

                Raspberry Pi 3B / 2B 用ハイブリッドケース

                raspberrypi 
                長尾製作所 Raspberry Pi 3B / 2B 用ハイブリッドケース 日本生産 N-RBP3B-CS01

                長尾製作所から Raspberry Pi 用金属ケースRaspberry Pi 3B / 2B 用ハイブリッドケース」が発売されるようなのでメモ。

                ちょっとしたサーバを建てたりするのに Raspberry Pi は便利ですが、これを定常運用しようとすると何らかのケースに収める必要が出てきます。よくあるプラのケースだと強度や放熱面で不安があるので、金属のケースが欲しくなるのですが、手頃な値段でまともなケースはなかなかないんですよね。Raspberry Pi 3 が 5,000円くらいなのに、ケースが 3,000円というのはちょっとアレな感じもしますが、仕方ありません。

                ラズパイ3とZero向け高強度金属製ケースが登場 - PC Watch

                カバーに厚み1.5mmのアルミ製カバーを、ベースにスチールを利用したハイブリッド構成にすることで放熱性と強度を確保した。タッピングネジを使ってVESAマウントを備えたディスプレイやTVの背面に取り付けることも可能。

                  at 21:18 |

                  CiNii で公開されていた論文は国会図書館が引き継ぎへ


                  CiNii で論文がダウンロードできなくなったという騒ぎが起きていたわけですが、NII の電子図書館事業(NII-ELS)のコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションが引き継ぐことになったようです。6/22 から最初の 5149 編の論文が掲載されているようですが、最終的には 100 万編がここで公開されるようです。

                  新着情報|国立国会図書館―National Diet Library

                  国立国会図書館は、国立情報学研究所による「電子図書館事業」(NII-ELS)の終了に伴い、CiNii Articlesに収録されていた論文の収集・保存・公開を開始しました。対象は、学協会がNDLによる収集・保存・公開を希望する論文等、合計約380誌・100万件です。6月22日に公開を開始したのはこのうちの一部ですが、国立国会図書館は、これらの論文を準備が整ったものから順次、「国立国会図書館デジタルコレクション」で公開していきます。

                  これで一件落着でしょうか。


                    at 20:12 |
                    «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»