BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2019/01/23

目黒の Amazon のオフィスに行ってきたよ

amazon 
緑豊かなオフィス - 目黒の Amazon のオフィスに行ってきたよ食堂 - 目黒の Amazon のオフィスに行ってきたよ
IT会社っぽいスペース - 目黒の Amazon のオフィスに行ってきたよAmazon Robotics のロボット - 目黒の Amazon のオフィスに行ってきたよ

今日は目黒の Amazon のオフィスに遊びに行ってきました。

最近の IT 会社らしく、遊び心あふれる近代的なミーティングスペースと食堂でした。写真については「どんどん撮って SNS とかにアップしてください」とのことなので、Amazon 的にも外部に自慢したいみたいですね。

AWS のスペースには Amazon Robotics(旧 Kiva Systems )の倉庫管理ロボットの実物が置いてあったりして、なかなか刺激的でした。これが動いているところを生でみたいものです。


    at 18:36 |
    2019/01/21

    インフルエンザの治癒証明書や陰性証明書は望ましくない

    medical  mhlw 

    本格的なインフルエンザのシーズンに突入してきたので、周囲でもちらほら感染者が現れるようになりました。

    インフルエンザに感染して治癒した人が職場に出勤してくるときに気になるのが「本当に治ってるの?」ということになりますが、その証明を医療機関に求めることは望ましくないと厚労省の今冬のインフルエンザ総合対策が謳っていたのでメモ。必要性については理解されているものの、インフルエンザ陰性を証明することは医学的に難しいというのが理由なんですね。

    インフルエンザQ&A|厚生労働省

    Q.18: インフルエンザにり患した従業員が復帰する際に、職場には治癒証明書や陰性証明書を提出させる必要がありますか?
    診断や治癒の判断は、診察に当たった医師が身体症状や検査結果等を総合して医学的知見に基づいて行うものです。インフルエンザの陰性を証明することが一般的に困難であることや、患者の治療にあたる医療機関に過剰な負担をかける可能性があることから、職場が従業員に対して、治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくありません。


      at 22:34 |
      2019/01/20

      指定暴力団組員が LINE スタンプをオンライン販売

      line  antisocial 

      指定暴力団組員が LINE スタンプを販売していたことがニュースになっていたのでメモ。
      テクノロジーの活用は警察などよりも反社の方が一枚上手だったりするので、気をつけたいところです。

      暴力団組員がLINEスタンプ販売か 新たなシノギの可能性(1/2ページ) - 産経ニュース

      警視庁に摘発された指定暴力団組員の男が無料通信アプリ「LINE」(ライン)上で使える「LINEスタンプ」という画像アイテムを自作し、オンライン上で販売した疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。スタンプは一般の利用者向けに販売されており、警察当局は暴力団が若者らに浸透しているラインに目をつけ、新たなシノギ(資金獲得活動)としている可能性があるとみて警戒を強めている。


        at 22:31 |
        2019/01/20

        Linux で OneDrive を使う

        cloudstorage  dlang 

        Linux 上のディレクトリを OneDrive で同期できないかと思って調べてみたら、abraunegg/onedrive: Free Client for OneDrive on Linux を使えばいけそうだということが分かったので、セットアップ方法をメモ。

        必要なものに Digital Mars D compilers というのが入っているので何なのかなと思ったら、D 言語の処理系でした。
        D 言語はいまいちメジャーになりきれなかった言語というイメージですが、何はともあれ D 言語で書かれたソフトウェアを利用するのは始めてです。

        インストール

        まずは、ビルドに必要となるライブラリやツール類をインストールします。

        yum groupinstall -y 'Development Tools' yum install -y libnotify-devel yum install -y libcurl-devel yum install -y sqlite-devel curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s dmd

        環境がきちんと整っていれば、onedrive のコマンド自体は簡単にビルドできます。

        git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git cd onedrive make sudo make install

        セットアップ

        セットアップは設定ファイルをコピーし、onedrive コマンドを実行することで行います。
        途中でブラウザを使う必要があるので、運用はコマンドラインだけで行うつもりであっても、セットアップ時の時だけは何らかの GUI 環境が必要になります。

        mkdir -p ~/.config/onedrive cp ./config ~/.config/onedrive/config onedrive # これを実行すると認証用のURLが表示されるので、ブラウザにコピペしてマイクロソフトアカウントにログインする。 # ログイン後にブラウザが真っ白な画面になるので、そのときのURLをターミナルにコピペする。 systemctl --user enable onedrive systemctl --user start onedrive

          at 18:32 |
          2019/01/19

          Nikon Z と Sony E を変換する厚さ 2mm のマウントアダプタ

          nikon  sony 

          Nikon Z マウントと Sony E マウントのフランジバックの差は 2mm しかありません(Zの方が短い)。
          というわけで、これらを変換するアダプタを作るのはさすがに難しいのだろうと思ってたら、Techart から AF 対応のマウントアダプタが出るようです。

          以下で公開されている画像をみると確かに 2mm に収まっていることがわかります。本当に発売されたら面白そうですね。


            at 21:13 |

            アクだけが綺麗にとれるおたま「あくとりさん」

            cooking 
            TERNA あくとりさん 中

            TL でアクだけが綺麗にとれるという「あくとりさん」が話題になっていたのでメモ。

            よくあるあくとりは、細かい金属メッシュだったり、ブラシのような形をしているものが多いですが、これはおたまの底に溝が切ってあるだけというちょっと代わった形をしています。これだと溝の間からアクがこぼれてしまうような気がしますが、Twitter に上がっている動画だと綺麗にアクだけが取れることがわかります。

            金属メッシュやブラシのタイプは、使っているときに脂がべっとりついてしまうとうまくあく取りができなくなってしまうので、料理中にイチイチ洗剤で洗わないといけないのが難点でしたが、これならば連続してあく取りができるので良さそうですね。


              at 20:01 |
              2019/01/18

              bat ファイルで YYYYMMDDHHMMSS を得るには

              bat  sh 

              バッチ処理を書いていると、ログやファイル名などに現在のタイムスタンプをつけておきたいことがあります。
              Linux のシェルスクリプトだと、以下のような感じで date コマンドを使えば簡単に YYYYMMDDHHMMSS の文字列を得ることができます。

              date '+%Y%m%d%H%M%S'

              ところが、Windows の bat ファイルの場合には一筋縄ではいきません。
              いろいろ調べてみて、同様の操作が一撃ではできないことが分かりました。
              とりあえず以下のように2行で書く感じにすれば YYYYMMDDHHMMSS が得られるようです。

              set ts=%time: =0% set ts=%date:~0,4%%date:~5,2%%date:~8,2%%ts:~0,2%%ts:~3,2%%ts:~6,2% echo %ts%

              参考


                at 19:32 |

                DNS CAA レコードを設定してみた

                ssl  dns 

                Let's Encryptのおかげで最近はウェブサイトが HTTPS 化されているところもだいぶ増えてきました。

                証明書の安全性を担保するためにサーバに導入する SSL 証明書の発行元を制限することができる DNS Certification Authority Authorization (DNS CAA)*1*2 というものがあることが分かったので、設定を行ってみました。

                DNS に証明書がの発行元を宣言するための CAA というレコードを追加するだけですが、この CAA については、最近の仕様のため BIND 9.9.6 未満の場合には代わりに TYPE257 を使う必要があります。加えて、内容もエンコードする必要があるので、そのような場合には「CAA Record Generator」のような専用のジェネレーターを使うと間違いもなくて便利です。

                例えば、cles.jp の証明書を Let's Encrypt のみに制限するためのレコードは以下のようになります。

                ; BIND ≥9.9.6 cles.jp. IN CAA 0 issue "letsencrypt.org" ; BIND <9.9.6 cles.jp. IN TYPE257 \# 22 000569737375656C657473656E63727970742E6F7267

                at 17:58 |
                2019/01/17

                Slack のロゴが新しくなった

                slack 

                Slack のロゴが変更になっていてちょっとびっくり。

                ロゴのようにアイデンティティに関わるものを弄るのはあまり感心しない行為ですが、現状のロゴが会社にとっていかに使いづらかったかということが以下のエントリを読むとよく分かって目から鱗でした。

                Slack のロゴが新しくなりました! | The Official Slack Blog

                ただ、このロゴは「非常に」取り扱いが難しいものでもありました。11色という多数の色で構成されているだけでも難しいところ、さらに白地以外の背景に配置したり、角度を間違えたり、色の微調整を誤ると、以下のように微妙な見た目になってしまうのです。


                  at 23:38 |

                  ミーティングバッグを新調


                  仕事場で使っているミーティング用の手提げの底が抜けそうな感じになってきたので新調してみました。
                  ノートパソコンを入れるには底のクッションが心許ない感じなので、ショック吸収材を買って中に敷こうと思っています。


                    at 12:12 |
                    «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»