BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
2018/12/10

自作スマートロックのゲストカードは

nfc  smartlock 
11枚 NTAG 215 NFCタグシール ステッカー/ 25 mm(1インチ)円形/ 504バイトメモリ/すべてのNFC電話機との互換/TagMo、Amiibo Nintendo と互換性のある - TimesKey

ラズパイを使って作った NFC で開け閉めできるスマートロックですが、当然のことながらロックを開けるためには NFC カードが必要になります。自分自身は社員証的なものを使っているのですが、ゲスト用のカードが欲しくなったので NFC 搭載で安価なものを探してみました。

意外なモノを廃物利用

順当にいけば画像のような NFC 搭載のシールを買えば良いのですが、意外と良い値段がするので、もっと良い方法がないかと思ったらギリシャに行ったときに手に入れた紙製の IC カードがあったこと思い出しました。これならばギリシャに行ってバスを乗る度に手に入ったので、10枚近くの在庫があります。

試しにカードリーダーにかざすとちゃんとカードの ID を取ることができました。あとは自作のシステムに ID を登録しておけば使えそうです。Suica や Pasmo 等を使う手もありますが、これらの交通系のカードはデポジットが必要なので人にあげてしまうとアレですが、こういう紙製カードならばなくなっても惜しくないのが良いですね。


    at 21:02 |
    2018/12/10

    「このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます」の元ネタは?

    microsoft  english 

    昔、Windows でプログラムが落ちたときに出ていた以下のエラーメッセージ

    このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。
    終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。

    不正な処理というのにびっくりして、オタオタした人も多かったと思いますが、この元ネタの英文を知らない人が多いことが分かったので紹介しておきます。

    This program has performed an illegal operation and will be shut down.
    If the problem persists, contact the program vendor.

    ちゃんと MS のナレッジベースにも出てくるフレーズ*1です。
    ちなみに不正な操作の部分の原文は an illegal operation
    不法・非合法という意味があるので、日本だけでなく海外でも誤解は発生していたようです。


    at 13:12 |
    2018/12/09

    tty 経由で SSH をのぞき見る「SSHPry」

    ssh  python 

    tty 経由で SSH をのぞき見る SSHPry というツールを見つけたのでメモ。

    Seamlessly monitor, control, record and replay any SSH session と謳っているのは伊達ではなく、デモムービーを見るとよく分かりますが、違和感なく SSH 操作の記録ができています。

    このプログラムはいわゆるキーロガーなので、普通の人にとっては悪用することくらいしかできないツールですが、コンソール操作の記録や観察を行う必要がある場合には非常に有効なツールになりそうです。

    実装は Python なので読みやすく、こういうツールの仕組みを学ぶにもちょうど良い感じですね。


      at 22:24 |
      2018/12/09

      Slack は来年 IPO する?

      ipo  slack 

      ビジネス用のチャットとして浸透してきている Slack が IPO の準備を進めているようです。

      上場すると、売り上げ拡大のために変な機能がついたりすることがあるので、そのあたりがちょっと心配です。
      あと、最近はあまり株価がパッとしないのでそのあたりはどうなんでしょうか。

      Slack、来年のIPOを準備中との報道ーー引き受けはゴールドマンサックス | TechCrunch Japan

      ビジネス向けメッセージツールを提供するSlackは、ロイターの報道によると、来年のIPOの主導役として投資銀行ゴールドマンサックスを選んだ。ロイターのソースは、Slackが評価額“100億ドル超え”達成を期待していると話している。


        at 20:22 |
        2018/12/08

        京大、若手研究者を支援する「本庶佑有志基金」を設立

        grant  postdoctoral 

        京大、若手研究者を支援する「本庶佑有志基金」を設立したことがニュースになっていたのでメモ。

        今年もノーベル賞の授賞式がまもなく行われますが、今年の医学生理学賞の受賞者である本庶佑先生が繰り返し述べていた若手研究者の支援が、具現化することになります。
        名前に入っている「有志」は本庶先生が座右の銘としている有志竟成(志を曲げることなく堅持していれば、必ず成し遂げられる*1)から来ているとのこと。

        本庶さん「有志」基金…ノーベル賞賞金で若手支援 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

        本庶さんは10月の受賞決定後、記者会見などで基礎研究に携わる若手の支援が必要だとして基金設立を訴え、「数百億~1000億円規模になれば」と話していた。


        at 20:33 |

        チケットの不正転売禁止法が成立

        law 

        ダフ屋や転売屋の取り締まりは、これまで迷惑防止条例古物営業法で行われていましたが、チケットの不正転売禁止法(特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律)が成立したことにより、今後はこちらで取り締まりが行われるようになるようです。

        衆院の法律案を見てみると、不正転売の定義は以下のようになっていました。

        読んでいて気づきましたが、この法律の対象は興業のチケットだけなんですね。
        転売目的のための物品の買い占め的なものは対象に入らないようです。

        衆法 第197回国会 5 特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律案

        第二条 この法律において「興行」とは、映画、演劇、演芸、音楽、舞踊その他の芸術及び芸能又はスポーツを不特定又は多数の者に見せ、又は聴かせること(日本国内において行われるものに限る。)をいう。
        (中略)
        4 この法律において「特定興行入場券の不正転売」とは、興行主の事前の同意を得ない特定興行入場券の業として行う有償譲渡であって、興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格をその販売価格とするものをいう。


          at 16:42 |
          2018/12/07

          ソフトバンクの障害は証明書の期限切れ

          softbank  systemdown 

          先日のソフトバンクの障害*1は結構な騒ぎになりましたが、その原因がエリクソンの機器の証明書の期限切れだったようなのでメモ。

          エリクソンのページの日本語への翻訳が酷くて何を言ってるか分からないのですが、英語の方を読むと expired certificate(期限切れの証明書)とハッキリ書いてあります。

          ソフトバンクの障害情報に関するお知らせ

          早期の段階での根本原因の解析結果では、今回影響を受けたソフトウェア証明書のバージョンの齟齬が示されています。

          Update on software issue impacting certain customers

          An initial root cause analysis indicates that the main issue was an expired certificate in the software versions installed with these customers.

          証明書の期限切れは、例えば 2008 年の ANA のシステム障害*2や、2013 年の Microsoft Azure の障害*3、最近だと 2018 年 3 月に発生したOculus Rift が使えない問題*4など枚挙に暇がなく、これまで何度となく社会インフラを脅かしてきました。証明書の期限切れ問題は、PKI 自体の限界とも言える問題なので、新しい仕組みを考えないといけない時期なのかもしれません。


          at 23:04 |

          最も安価な NFC リーダーは「楽天Edyリーダー USB型」

          nfc  edy 

          楽天Edyリーダー (USB型)がどうも RC-S360/S*1 の OEM らしいということが分かったので、さっそく手に入れてみました。

          製品として売られている NFC リーダーとして税込 1,852 円というのは確かに最安値かもしれません。
          中身は PN531 の派生チップが使われているようです*2
          形状の制約からアンテナが小さいのが難点ですが、nfcpy/nfcpy なんかを使うと簡単に NFC の情報が読み出せるので、Raspberry Pi なんかで簡単なシステムを作りたい場合のパーツとしてちょうど良さそうです。


          at 19:31 |
          2018/12/06

          iOS 12.1.1 にアップデート

          ios 
          iOS 12.1.1 アップデート - iOS 12.1.1 にアップデート

          iOS 12.1.1 がリリースされていたのでアップデートしてみました。

          バグフィックス中心なので新たな機能はありませんが、セキュリティパッチはいろいろと当たっているようです。


            at 23:51 |

            CentOS 7 で C++14 対応の gcc が使いたかったので・・・

            centos7  cpp 

            nghttp2 は v1.35 からコンパイラが C++14 に対応していないとコンパイルできなくなってしまったので、CentOS 7 でビルドするためには新しい gcc を導入する必要があります。

            ソースから入れてもいいのですが、後々の管理を考えると yum で入れておいた方が何かと楽なので、今回は Developer Toolset 7 を使うことにしました。
            以下の通り、簡単なコマンドですぐに導入できます。

            # インストール yum install centos-release-scl yum-config-manager --enable rhel-server-rhscl-7-rpms yum install devtoolset-7

            Developer Toolset 7 を有効にすると GCC は以下のように標準の 4.8.5 から 7.3.1 に切り替わります

            $ gcc --version gcc (GCC) 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-36) Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc. This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. $ scl enable devtoolset-7 bash # Developer Toolset 7 を有効にする $ gcc --version gcc (GCC) 7.3.1 20180303 (Red Hat 7.3.1-5) Copyright (C) 2017 Free Software Foundation, Inc. This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

              at 21:03 |
              «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»