BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
2020/01/27

コマンドラインからユーザー環境変数やシステム環境変数を書き換える

bat 

Windows で setx コマンドを使うと環境変数が書き換えできることが分かったのでメモ。

ユーザー環境変数

SETX FOO "BAR"

システム環境変数

SETX /M PATH "%PATH%;C:\PATH\TO\BIN"

マニュアルにも注意がありますが、このコマンドは変数の追加のみで削除はできないことに注意する必要があります


    at 23:16 |
    2020/01/27

    最後の喫煙列車が運用終了に

    railways  smokefree 

    喫煙席が残っていた近鉄の12200系の特急が運用終了になり、国内から喫煙席がある列車がなくなるようです。
    一昔前には新幹線や特急には座席に灰皿がついていて、席でたばこが吸える喫煙席がありましたが、ここ20年くらいですっかり過去のものになりましたね。

    さよなら、最後の「喫煙列車」 近鉄、今月で運行終了 | 共同通信

    近畿日本鉄道が、座席でたばこが吸える特急列車の運行を1月いっぱいで終える。同社によると、新幹線を除くJRの在来線や私鉄で喫煙車両がある最後の列車だった。


      at 21:08 |
      2020/01/26

      ITTF の 2019 年の卓球のベストショット

      tabletennis 

      ITTF(国際卓球連盟)が Youtube で 2019 年の卓球のベストショット集を公開していました。

      高校まで卓球をやっていたのですが、こういうスーパーショットを見るとまた卓球がやりたくなりますね。


        at 19:39 |
        2020/01/26

        次の山場は Office 2010 のサポート終了

        msoffice  eol 
        Microsoft Office Professional 2010

        Windows 7 の対応が終わってやれやれという感じですが、MS のプロダクトで次にサポート終了になるものは Office 2010 の 10 月 13 日のようです。
        これもまだかなり使われていそうな感じなので、早めのリストアップと対処が必要ですね。

        Office 2010 のサポート終了 - Office 365

        サポート終了 (「ライフ終了」とも呼ばれます) とは、2020 年 10 月 13 日をもって、Microsoft から、Office 2010 のテクニカル サポート、ソフトウェア更新プログラム、およびセキュリティ更新プログラムが提供されなくなることを意味します。


          at 10:28 |
          2020/01/25

          LAC が FalconNest で標的型サイバー攻撃の痕跡の調査を推奨

          checker 

          LAC が FalconNest で標的型サイバー攻撃の痕跡の調査を推奨していたのでメモ。

          ツールは無償ですが、ダウンロードには登録が必要になります。
          利用する人が多いのか、現在は混み合っているようで、解析の結果を受け取るまでに少し時間がかかるようです。

          参考


            at 20:29 |

            PoE でラズパイを動かす

            raspberrypi  poe 
            UCTRONICS PoEスプリッタギガビット5V - Raspberry Pi 3B +へのマイクロUSB電源およびイーサネット、エコードットでの動作、ほとんどのマイクロUSBセキュリティカメラおよびタブレット - IEEE 802.3af準?

            ラズパイの GPIO に干渉せずにもっと手軽に PoE 対応できるものがないかと思ったら、簡易なスプリッタが販売されていました。

            IoT 用途に本気でラズパイを使おうと思うと、電源の確保が問題になります。そんなときに一番お手軽なのが、Ethernet 経由で電源を供給できる PoE です。最近は専用の HAT (GPIOに接続するボード)も発売されていますが、GPIO を塞いでしまうので、GPIO でモーターやセンサーの制御を行っている場合には不適です。しかも、値段が張るので、ヘタをするとラズパイ本体がもう一つ買えてしまいます。

            HAT などではなく、こういうやつをリファレンスで用意すべきだとおもうんですよね。


              at 16:22 |
              2020/01/24

              M.2 SSD を RAID にできる外付けケース

              ssd  PCパーツ 

              HighPoint M.2 SSD を RAID にできる外付けケースを発売するようなのでメモ。

              最近、外部記憶装置の主な機器は HDD から SSD に急速にシフトしてきています。これに伴って接続のインターフェースも SATA/SAS ではなく PCI Express カードや M.2U.2 などの NVMe のものが増えてきました。

              個人用の PC であれば外部記憶装置は1台で十分な容量が確保できるので、インターフェースが変更変わっても特段問題はありませんが、業務用のサーバ等の場合には数十 TB から PB クラスの容量が必要になることも珍しくありません。そのような場合には記憶装置を複数台組み合わせたディスクアレイを構成する必要が出てきます。

              これまでは、このような用途には SATA/SAS に対応した RAID カードと SAS Expander などを使うことが多かったわけですが、U.2 などに対応した外付けの装置はあまりなく、メーカー製の 2U のサーバを買うくらいしか選択肢がありませんでした。そんな状況が少しずつ変わってくる感じですね。

              HighPoint、最大4基のM.2 NVMe SSDを装着できるRAID対応外付けボックス - ITmedia PC USER

              M.2 NVMe SSDを最大4基装着できるドライブベイを備える外付け型のエンクロージャーで、付属するPCIe 3.0 x16接続対応のコントローラーカードと組み合わせることで、最大1万4000MB/sの高速転送を実現した。


                at 22:45 |

                文京区の粗大ごみの申し込みはネットから

                家電  文京区 

                文京区の粗大ゴミの申し込みは電話でしかできないと思い込んでいたのですが、ネットで申し込みができることが分かったのでメモ。

                以下にも書いてあるとおり、年度末は引っ越しシーズンということもあり、普段よりも収集まで時間がかかることがあるので注意が必要です。ちなみに今申し込むと収集は最短でも2月の末頃と約1ヶ月待ちのようなので、年度末に引っ越しを予定している場合には早めに収集を手配するのが良さそうです。

                文京区 粗大ごみの出し方(概ね一辺30cm以上ある大型ごみ)

                年末年始や引越しの多い季節は、申込みから収集日まで2、3週間以上かかる場合もありますので、お早めにお申込みください。


                  at 09:01 |
                  2020/01/23

                  Oracle のクリティカルパッチアップデート(2020 年 1 月)

                  java  oracle  virtualbox 

                  Oracle が 2020 年 1 月のクリティカルパッチアップデートを出していました。

                  Java SE は LTS のものだと 11.0.6*1, 8u241*2 が、VirtualBox は 6.1.2*3 が出ています。

                  参考


                  at 22:22 |

                  CentOS-8 1911 がリリースされてた

                  centos8 

                  いつの間にか RHEL 8.1 相当の CentOS-8 1911 がリリースされていたのでメモ。
                  再起動しないでカーネルにパッチを当てられる機能などは便利そうですね。

                  「CentOS 8-1911」リリース、RHEL 8.1をベースとした互換環境 | OSDN Magazine

                  CentOS 8 1911は、2019年11月初めに公開された「Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 8.1」を土台とする。RHEL 8.1で導入されたライブでのカーネルへのパッチ適用、セキュリティを含むコンテナ関連の強化などの機能を備える。


                    at 21:38 |
                    «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»