BLOGTIMES
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»
2017/01/19

FE 外伝のリメイク「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王」は4月20日

Game fireemblem 
ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王LIMITED EDITION【早期購入特典】「TCGファイアーエムブレム0(サイファ)」限定カード1枚同梱【Amazon.co.jp限定】アイテム未定付

FE 外伝のリメイクである「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王」が発表されていたのでメモ。FE のリメイクはちょっと・・・・・・というのはありますが、外伝はファミコン版しかないのでさすがにリメイクは致し方ないところでしょうか。


    at 20:31 |
    2017/01/19

    スマホ用の FE ヒーローズは2月2日から

    Game fireemblem  android 

    スマホ向けの FE 「ファイアーエムブレム ヒーローズ」のリリースが2月2日に決まったようです。まずは Android 版からの展開で、その後 iOS 版も配信されるとのこと。

    んー、とりあえず様子見かなという感じですね。


      at 08:27 |
      2017/01/18

      「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」が Ver.2 に

      Security nisc 

      NISC が無償で公開している「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」が昨年末に改版されて Ver.2 になっていたのでメモ。
      2月に公開されていた初版はさわりの部分だけが公開されていましたが、ボリュームも全体で 154 ページに大幅に拡充され、完全版と言えるような内容になっています。


        at 22:37 |

        Java のアップデートをしよう(2017年1月 Oracle Critical Patch Update)

        Security java  jpcertcc 

        今日はオラクルのクリティカルパッチアップデートの日でした。
        このパッチを適用することにより現行の Java8 は u121 にアップデートされます。

        JPCERT/CC からも「2017年 1月 Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」が出ています。
        Java を使っている場合には速やかなアップデートを心がけたいところです。


          at 19:11 |
          2017/01/17

          温水洗浄便座のピクトグラム、標準化へ

          misc. standardization  家電 
          トイレ操作パネルの標準ピクトグラム - 温水洗浄便座のピクトグラム、標準化へ

          現在、温水洗浄便座の操作パネルについているピクトグラムは、メーカーやモデルごとに若干異なるものが採用されています。これがわかり辛いということでメーカー間で標準化が行われることになったようです。内容的にはほぼほぼ TOTO のものという感じですかね。

          トイレ操作パネルの標準ピクトグラムを策定

          “だれでも安心して使えるトイレ環境”を目指し、トイレ操作パネ ルにおけるピクトグラム(絵記号)の標準化を図ることを決定、この度、主要 8 項目における標準ピクトグラムを策定しました。 これらのピクトグラムは、同工業会に加盟する国内主要メーカー 9 社の 2017 年度以降の新製品より順次採用を予定していくほか 、ISO による国際標準化を目指してまいります 。

            at 22:48 |

            世界の半分の人の資産と世界トップ9人の資産が同額

            misc. income 

            世界トップ9人の資産と世界の半分の人(36億人)の資産が同額*1ということがニュースになっていたのでメモ。
            このニュースの元ネタは Oxfam が発表した An economy for the 99% というレポートです。

            レポートの p.10 に以下のような文章があり、世界トップ8人の資産総額は $426bn(4,260億ドル)と書かれています。

            Deborah Hardoon, An Economy for the 99%: It’s time to build a human economy that benefits everyone, not just the privileged few, OXFAM BRIEFING PAPER, p.10, Jan. 2017.

            At the very top, this year's data finds that collectively the richest eight individuals have a net wealth of $426bn, which is the same as the net wealth of the bottom half of humanity.

            じゃあこの人達から富を取り上げて半分の人に再分配したら貧困問題が解決するのかななどと単純に割り算をしてみたのですが、そうすると1人あたりの分配額は約1.3 万円*2と貧困を解決するためには全く足りません。だからこそ解決が難しいのかもしれませんが。


            at 20:41 |
            2017/01/16

            Btrfs を使い始めてみた

            Tips centos7 

            CentOS7 からは Btrfs がだいぶ使えるようになってきているので ZFS に換えて何台か導入してみました。

            Oracle 製だけど GPL なので、ZFS のような面倒さがないのが良いです。
            CoW だったり、スナップショットが取れたり、 send/recv できたりと、ZFS とよく似ています。

            よく使うコマンドはこのあたりでしょうか。

            # ディスクの使用量の表示 btrfs filesystem df / btrfs filesystem usage / # CoWの無効化 chattr -R +C /path/to/dir lsattr /path/to/dir # CoWを使ったファイルコピー cp --reflink src dst # サブボリュームの作成 btrfs subvolume create /path/to/subvol # R/O のスナップショット作成 btrfs subvolume snapshot -r source [dst/]name # サブボリュームの一覧 btrfs subvolume list -pa .

              at 21:22 |

              Java8 で日付をフォーマットして出力する

              Tips java 

              Java で日付をフォーマットして出力したいときには、Java7 までは SimpleDateFormat を使う必要がありましたが、このクラスはスレッドセーフでない上に生成のコストが高いという、ハマる可能性が高いクラスでした。Java8 からは新たな日付 API である java.time が導入されましたが、このパッケージに含まれるすべてのクラスは不変で、スレッドセーフ(All the classes are immutable and thread-safe)になったため、とても扱いやすくなりました。

              日付のフォーマットには DateTimeFormatter を使うことができます。
              例えばローカルな日付時刻を yyyy/MM/dd HH:mm:ss にフォーマットして表示するのは以下のような感じになるでしょうか。

              import java.time.LocalDateTime; import java.time.format.DateTimeFormatter; public class DateTimeExample { public static void main(String[] args) { DateTimeFormatter fmt = DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy/MM/dd HH:mm:ss"); System.out.println(LocalDateTime.now().format(fmt)); } }

                at 12:12 |
                2017/01/15

                EMET 5.52 リリース

                Security microsoft 

                EMET のマイナーアップデート版の v5.52 がリリースされています。

                昨年の11月に開発の終了がアナウンス されていますが、予定通り2018年7月31日までマイナーバージョンアップは続くようです。変更点について以下に書いてありますが、デフォルトの定義を使っていると Chrome に EAF+ が適用されてしまい、Chrome がクラッシュしてしまうのが厄介だったのですが、これが解消されたのはありがたいです。

                EMET 5.52 update is now available – Security Research & Defense

                EMET 5.52 is a minor update from EMET 5.51 to address the following:
                • An issue with the EAF mitigation that causes some applications to hang on Windows 7 SP1.
                • A fix to the MSI installer to allow in-place upgrade behavior.
                • Removed EAF+ mitigation for Chrome from “Popular Software.xml”
                • Fixed import behavior for System Mitigations.

                  at 22:01 |

                  さくらインターネットのセカンダリ DNS を切り替えようとしてハマる

                  Tips sakura  dns  vps  migration 
                  登録することができませんでした。このゾーンまたは上位のゾーンが利用中です。(D5-01) - さくらインターネットのセカンダリ DNS を切り替えようとしてハマる

                  専用サーバで運用している DNS サーバを VPS に移行するにあたって、セカンダリサーバにしているさくらインターネットの DNS の同期先を新しいモノに切り替えようしたらハマってしまいました。

                  障害は突然に

                  まず、さくらのネームサーバのサービスは一度セカンダリとして設定してしまうと、同期先のサーバを変更することはできません。変更したい場合には、同期設定を一旦削除してから再設定する必要があります。なかなか面倒な仕様なのですが、軽い気持ちで一旦削除してから再登録しようとしたら画像のようなエラーが出て困ってしまいました。

                  エラーです(1) 登録することができませんでした。このゾーンまたは上位のゾーンが利用中です。(D5-01)

                  ゾーンにはさくらの DNS サーバ ( ns1.dns.ne.jp. / ns2.dns.ne.jp. ) が登録されたままのなので、このままだと DNS 情報に不整合が生じてウェブやメールなどのサービスに到達できなくなる可能性があります。というわけで、まずは復旧を最優先DNS 移行のために TTL は短くしてあったので、おちついて以下の2点を実施。

                  1. プライマリサーバのゾーンファイルからさくらの DNS サーバ の NS レコードを削除
                  2. ルートサーバのネームサーバ定義からさくらの DNS サーバ の定義を削除

                  そういえばドメインハイジャックができる脆弱性が・・・・

                  ns レコードが1つだけの状態ですが、まずは正常に DNS が稼働していることを確認してトラブルシュートを開始します。
                  しばらく前にドメインハイジャックができる件が騒ぎになって、さくらの DNS のサービスの仕様が変更されたことを思い出しました。

                  検索してみましたが、2012年のこの辺の事件ですね。

                  全く同じパターン(セカンダリ DNS の同期先変更)でハマっている人の記録も発見。

                  その後、もう一度操作をおこなったところ、無事セカンダリとして登録することができました。前述の「プライマリサーバのゾーンファイルからさくらの DNS サーバ の NS レコードを削除」と「ルートサーバのネームサーバ定義からさくらの DNS サーバ の定義を削除」を行っていたことで、登録制限である「登録しようとしているドメインが当社ネームサーバと他のネームサーバの両方に委譲されている場合には登録出来ない(いわゆるセカンダリ設定がされている場合)」を回避できたようです。

                  脆弱性を直すのは当たり前なのですが、さくらさんはD5-01 のエラーについてちゃんとマニュアルに書いてくれませんかね


                    at 20:23 |
                    «Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»