BLOGTIMES
2018/06/20

Chrome で proxy.pac のデバッグを行うには

  chrome  networking  systemmanagemant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

net-internals - Chrome で proxy.pac のデバッグを行うには

プロキシの自動構成につかう .pac ファイルは通常の方法ではデバッガが使えないので、どのサイトに対してどの proxy が適用されているかわかり辛かったりしますが、Google Chrome では chrome://net-internals を使うと簡単に proxy.pac の動きを調べることができます。

具体的な方法としては、左メニューから Events を選択し、フィルタに HTTP_STREAM_JOB_CONTROLLER を入力してイベントを絞り込みます。あとは調べたい接続先の URL が載っている行を探し、詳細情報の部分の pac_stringproxy_server という部分を参照すれば OK。

proxy.pac ファイルに文法的なエラーがある場合には Events にエラーが出力されているはずなので、これも簡単に検出できます。

参考


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10250
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン