BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
2022/10/17

Shokz Aeropex が Open Run になって戻ってきた

repairing  headphones  customersupport 
Shokz OpenRun 骨伝導イヤホン ワイヤレス 急速充電 IP67 防水 bluetooth5.1 コズミックブラック

Shokz Aeropex が故障(1 年半ぶり 2 回目)した件の修理がやっと完了しました。

故障の発覚が 8/31 だったので、1ヶ月半以上もかかったことになります。
Shokz の本社も国内サポートのフォーカルポイントもメールの返信まで何日もかかるような状況なのでハッキリ言ってやる気なさすぎです

以前使っていたフィットネストラッカーの Jawbone のサポートも酷かったですが、それに匹敵する酷さだったと思います。


    at 10:58 |
    2022/10/16

    免許証番号は要求制限されないのか?

    mynumber 

    保険証がマイナンバーカードに一本化されるということで、ニュース等で世論が沸騰していますが、個人的には免許証番号が野放しになっていることが問題だと思ってるんですよね。

    マイナンバーは単なる ID ですが 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)第九条で使用目的が制限されており、デジタル庁も以下のような注意喚起をしています。

    よくある質問:民間事業者における取扱いについて|デジタル庁

    マイナンバーは、法律や条例で定められた社会保障、税、災害対策の手続き以外で利用することはできません。また、これらの手続きに必要な場合を除き、民間事業者が従業員や顧客などにマイナンバーの提供を求めたり、マイナンバーを含む個人情報を収集し、保管したりすることもできません。

    保険証の方はというと令和 2 年 10 月 1 日から本人確認等を目的として医療保険の保険者番号及び被保険者等記号・番号の告知を求めることは禁止されています。

    これらに対して現状では免許証番号は要求制限がありません。
    これを良いことにして、例えば賃貸住宅の審査や、クレジットカード・ローンの審査などいろいろなところに免許証番号を取得している例が散見されます。
    個人情報保護としては、免許証番号を要求制限する方が先だと思うんですよね。

    免許証については都道府県警察が独立してシステムの管理を行っていたり*1と、その他にもいろいろと問題がありそうです。


    at 22:02 |
    2022/10/16

    Realforce R3S が登場

    keyboard 
    REALFORCE リアルフォース 東プレ R3S キーボード 静音 30g 有線 USB TKLサイズ 静電容量無接点方式 Windows レーザー印刷 かなあり 日本語配列 91キー ブラック R3SC13

    Realforce R3S*1 が登場していたのでメモ。

    R3 の機能は欲しいけれども、Bluetooth 接続でなくて良いんだよなぁという場合にぴったりのモデル。
    価格も R3 よりも 1 万円くらい廉価になっています。
    僕も普段は有線でしか使っていないので、これが R3 と同時発売だったらこちらを選んでいたと思います。

    東プレ、R2のデザインとR3の新機能をあわせた「REALFORCE R3S」に英語配列モデル - PC Watch

    REALFORCE R3Sシリーズは、旧製品「REALFORCE R2」のデザインを継承しつつ、「REALFORCE R3」で新たに採用した新機能を搭載したキーボード。専用ユーティリティのREALFORCE CONNECTにより、すべてのキーの割り当てを変えられるキーマップ入替機能や、アクチュエーションポイントを変更できるAPC機能が利用できる。


    at 12:48 |
    2022/10/15

    NISC などが Lazarus に対する注意喚起を公表

    nisc  npa  malware  fsa 

    金融庁、警察庁、内閣サイバーセキュリティセンターが共同で Lazarus(ラザルス) について注意喚起を行っていたのでメモ。
    Lazarus は北朝鮮と関連があると言われているサイバー犯罪グループですね。

    国がこういう情報を一般に向けて公表するということは何か明確な攻撃兆候があるとみて間違いないと思います。
    特にソーシャルエンジニアリングは防御が難しいので、企業にとっては頭が痛い問題になりそうです。

    北朝鮮当局の下部組織とされるラザルスと呼称されるサイバー攻撃グループによる暗号資産関連事業者等を標的としたサイバー攻撃について(注意喚起)

    このサイバー攻撃グループは、
    ・ 標的企業の幹部を装ったフィッシング・メールを従業員に送る
    ・ 虚偽のアカウントを用いた SNS を通じて、取引を装って標的企業の従業員に接近する
    などにより、マルウェアをダウンロードさせ、そのマルウェアを足がかりにして被害者のネットワークへアクセスする、いわゆるソーシャルエンジニアリングを手口として使うことが確認されています。

      at 18:59 |
      2022/10/15

      警視庁が電動キックボードに対する飲酒運転の集中取締りを実施

      car 

      警視庁が渋谷で電動キックボードに対する飲酒運転の集中取締りを実施したようなのでメモ。

      規制緩和特例電動キックボードの実証実験の影響もあって、最近は公道を走る電動キックボードを見かけることも多くなってきました。

      現在、電動キックボードは原付と同じ扱いなので運転免許が必要で、飲酒運転も当然のことながら禁止されています。
      そこそこ検挙されているようなので、飲酒後に安易に電動キックボードに乗ってしまう人がいるみたいですね。

      電動キックボード 飲酒運転の集中取締り 東京 渋谷 | NHK

      電動キックボードは法律上、車両にあたることから公道を走る際には運転免許が必要で、飲酒運転は取締りの対象になります。
      警視庁によりますと、都内では公共交通機関の運行が終了した深夜から未明の時間帯に電動キックボードによる飲酒運転が相次いでいて、ことしに入り先月末までに39件が検挙されているということです。


        at 08:38 |
        2022/10/14

        Amazon で楽天の Mastercard を使うとポイントが 1/5 に

        rakuten  creditcard 

        Amazon で楽天の Mastercard を使った場合にポイントの付与率が 1/5 になるようなのでメモ。

        現行は100 円利用につき 1 ポイントですが、これが来年の 1/5 から 500 円につき 1 ポイントになるとのこと。
        今後、他の国際ブランドのポイント還元率が変更されるかどうかは分かりませんが、楽天の Mastercard を持っていて Amazon をよく使う場合には国際ブランドの変更も考える必要がありそうです。

        クレジットカードのポイントの原資は加盟店手数料によるはずですが、このあたりの料率は最近公開の流れが進んでいる*1ので、そのあたりの事情もあるのかもしれません。

        楽天カード(Mastercard)ご利用時の一部ポイント進呈条件の変更について

        2023年1月5日(木)より、楽天カード(Mastercard)でのAmazon.co.jpにおける楽天カード利用獲得ポイントの進呈ルールが一部変更となりますのでお知らせいたします。


        at 18:55 |

        民法改正で親の懲戒権が削除に

        law 

        民法改正で親の子に対する懲戒権が削除されるようなのでメモ。
        条文を見る限り体罰に関する直接的な表現はありませんが、虐待防止ということのようです。

        親の「懲戒権」削除へ 民法改正案を閣議決定:時事ドットコム

        現行の民法822条は、「親権を行う者は、監護および教育に必要な範囲内で、その子を懲戒することができる」と定める。この規定が体罰を含む厳しい「戒め」を許容しているとの印象を与え、児童虐待を正当化する口実になっていると指摘されていた。

        参考

        民法 | e-Gov法令検索

        (懲戒)
        第八百二十二条 親権を行う者は、第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる。


          at 17:22 |
          2022/10/13

          共通テストで情報に配点しない大学に対して情報処理学会が見解を公表

          undergraduate  ipsj 

          北大や徳島大などの国立大学が共通テストで情報に配点しないことを公表したことについて情報処理学会が見解を発表していたのでメモ。
          もちろん学会の公式見解なので変な言葉遣いとかはないすが、静かにキレている感じでしょうか。

          大学入学共通テストで「情報」を必須としつつ配点しない入試に対する本会の見解-情報処理学会

          入試科目は点数化してその理解到達度を測定するために課すものであり、配点しない科目の受験を強いるのは、入試の実施根拠そのものを喪失することになります。加えて、高校教育の成果を測定することになる入試において配点しないというのは、高校教育におけるその科目の意義を否定することになります。
          また、大学入学共通テストにおいて原則として「情報」を課すとした国立大学協会の基本方針を形骸化するものです。

          参考

          北海道大学, 令和7年度入学者選抜の実施教科・科目等 (一般選抜), p.5, Oct. 2022.

          大学入学共通テストの成績,個別学力検査等の成績及び調査書等を総合して合格者を決定します。ただし,大学入学共通テストの情報Iの成績は配点しません。

          徳島大学, 令和7年度入学者選抜(令和6年度実施)の予告【第1報】, p.4, Oct. 2022.

          徳島大学全学部の一般選抜,学校推薦型選抜II,総合型選抜では、大学入学共通テストの指定科目として「情報I」を課します。令和8年度入学者選抜(令和7年度実施)までは「総合判定の参考」とし点数化を行いませんが,令和9年度入学者選抜(令和8年度実施)より点数化を行う予定です。

            at 21:40 |

            MS が Teams Premium を発表

            msteams 

            MS が Teams の上位ライセンスとなる Teams Premium を発表していたのでメモ。

            新機能としてはミーティングのまとめを自動で作成したり、ミーティングに透かしを挿入したりできるようになるようですね。
            ビジネス用途に特化している感じですが、Teams は比較的いろいろな機能がこれまでにも追加されてしまっているので、Teams Premium として追加料金を払ってでもこれは欲しいという機能が現状あるかというと、まだちょっと微妙かなという感じがします。円安なので国内での提供価格も気になりますね。

            Microsoftが「Teams Premium」を発表、ミーティング後の“まとめ”をAIが自動作成してくれる機能など実装 - INTERNET Watch

            Microsoftが新たに発表した「Teams Premium」は、Microsoft 365に付属するライセンスとは別に販売される新しいサブスクリプションだ。Microsoft 365に付属する標準のTeamsに比べて、特に主催者側に便利な機能が追加されている。


              at 08:18 |
              2022/10/12

              1,2 回目のワクチン接種は年内中に

              covid19 

              現在の新型コロナウイルスのワクチン接種は 3 回目や 4 回目が主な対象者になっていますが、1, 2 回目用のワクチンの供給が終了するためワクチン接種を希望する場合には年内に済ませる必要があるとのこと。
              3, 4 回目はブースター接種用なので、1, 2 回目用とは投与量などが違いますからね。

              1~2回目接種は年内に 従来型ワクチン供給終了へ | 共同通信

              厚生労働省は12日に開いた新型コロナウイルスワクチンの自治体向け説明会で、1~2回目の接種を希望する12歳以上の住民に対し、年内に接種を終えるよう呼びかけることを求めた。2回目までの接種に使える従来型のワクチンの供給が年内で終了する予定のため。今後も使われるオミクロン株対応の新ワクチンは、従来型を少なくとも2回打った人にだけ接種できる。

              ちなみにワクチン接種を考えている人の目下の話題としては BA.1 対応と BA.5 対応の 2 種類の 2 価ワクチンがあることでしょうか。
              僕は仕事のスケジュール的にさっさと済ませておきたかったので BA.1 対応で先週済ませました。


                at 23:50 |
                «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»