BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
2018/11/27

vSphere Update Manager で ESXi をまとめてアップグレード

esxi 
vSphere Update Manager - vSphere Update Manager で ESXi をまとめてアップグレード

vCSA のアップグレードに続いて、ハイパーバイザー側である ESXi のアップグレードを行います。
普段はインストーラーが入った iso からブートしてアップグレードを行っているのですが、今回は Update Manager 経由で複数のホストをまとめて実施してみます。

具体的な操作としてはホスト アップグレード ベースラインの作成を行って、その適用を行うだけ完了します。

今回はDRSをサポートしていない、非常に小規模な vSphere 環境(VMware vSphere Essentials Kit)だったので、vCSA が乗っている ESXi については自動アップブレードができませんでした。これについてはもうどうしようもないので、こちらは iso イメージから直接アップグレードを実施しました。


    at 23:38 |
    2018/11/27

    vCSA を 6.7 にアップデート

    esxi 
    vCSA Installer - vCSA を 6.7 にアップデート
    vCSA Upgrade Completed - vCSA を 6.7 にアップデート

    VMWare のサブスクリプションの更新の手続きをしていて、今年は vSphere や ESXi のアップデート実施していないことに気づいてしまったので、6.0u2 から 6.7 へのアップデートを実施してみました。

    GUI でインタラクティブにアップデートできるはずが・・・

    vCSA のアップデートは vCSA のインストーラーを起動し、Upgrade を選択して、必要な情報を入力するだけ*1のはずですが、画像の部分で「A problem occurred while getting data from the source vCenter Server.」というエラーが出て先に進めず困ってしまいました。

    エラーログをダウンロードして中身を見てみると、こんな感じになっていました。
    どうも vCSA に ssh して date コマンドを実行するところでコケているようです。

    2018-11-27T09:13:42.970Z - info: Checking if password expired 2018-11-27T09:13:44.350Z - info: Banner from server, VMware vCenter Server Appliance 6.5.0.5200 Type: vCenter Server with an embedded Platform Services Controller 2018-11-27T09:13:44.350Z - info: Connection ready 2018-11-27T09:13:44.399Z - info: STDOUT: date exit 2018-11-27T09:13:44.823Z - info: STDOUT: Connected to service 2018-11-27T09:13:44.840Z - info: STDOUT: * List APIs: "help api list" * List Plugins: "help pi list" * Launch BASH: "shell" 2018-11-27T09:13:44.843Z - info: STDOUT: Command> 2018-11-27T09:13:44.844Z - info: STDOUT: dat 2018-11-27T09:13:44.844Z - info: STDOUT: e 2018-11-27T09:13:44.861Z - info: STDOUT: Unknown command: `date' 2018-11-27T09:13:44.861Z - info: STDOUT: Command> 2018-11-27T09:13:44.861Z - info: STDOUT: e 2018-11-27T09:13:44.862Z - info: STDOUT: x 2018-11-27T09:13:44.862Z - info: STDOUT: i 2018-11-27T09:13:44.863Z - info: STDOUT: t 2018-11-27T09:13:44.863Z - info: STDOUT:

    原因は root のパスワードの有効期限切れ

    仕方がないので、手動で vCSA に ssh でログインして、シェルを bash に切り替えてみようとしたら、パスワードの有効期限が切れているというエラーが
    いわれた通りに passwd コマンドで root のパスワードを付け替えたところ、インストーラーもエラーを吐かなくなって無事アップデートすることができました。

    Last login: Tue Nov 27 09:26:40 2018 from 192.168.0.1 Connected to service * List APIs: "help api list" * List Plugins: "help pi list" * Launch BASH: "shell" Command> shell.set --enabled true Command> shell Shell access is granted to root root@vcsa02 [ ~ ]# chsh -s /bin/bash root You are required to change your password immediately (root enforced) chsh: PAM: Authentication token is no longer valid; new one required

    at 20:55 |
    2018/11/26

    NTTドコモエラー38?

    docomo 

    SMS を送ろうとしたら「NTTドコモエラー38」という表示が。

    ドコモのサイトを探してもエラーコード表なども公開されていないようで、途方にくれていましたが、SMS は最大半角で 160文字、全角だと60 文字という制限があることをすっかり失念していました。今となってはツイートよりも厳しい文字制限なんですね。長めの要件だったので、内容を2分割して無事送信することができました。

    ご注意事項 | サービス・機能 | NTTドコモ

    SMS相互接続他事業者へ送れる文字数は全角70文字(半角英数字160文字)までです。

    スマホはもうちょっとこの辺りのエラーの表示方法が良くなるといいんですけどね。


      at 21:46 |
      2018/11/26

      Tower Pro SG92R

      raspberrypi 
      マイクロサーボ SG92R (1個)

      現在、自作のスマートロックに使っているサーボモーターはSG92R*1 という台湾メーカーの製品です。

      サーボモーターというと、ロボットに使われているような重くて高価なものというイメージだったので、自作のスマートロックなんてとても無理と思っていましたが、ロボット制御専門の人に「ドアの鍵くらいだったら、電子工作用のサーボでもトルクが 2kg くらいあるんで、そのままで十分回せるでしょう」というアドバイスをもらったので、1 個 1,000 円未満で購入できるこれを選択したのでした。

      PWM によって制御できるサーボモーターでとても小さく、軽いのですが、トルクは 2.5kg/cm あるので、実際に作ってみたら本当に軽々ドアの鍵を回すことができました。

      プラスチックギアなので耐久性が心配ということであれば、金属ギアの MG シリーズ*2を使う手もあります。


      at 12:49 |
      2018/11/25

      相続税の試算書が届いた

      inheritance 
      相続税申告検討資料 - 相続税の試算書が届いた

      親父が死んでから、早いものでもう四十九日を迎えました。
      これで忌明けということになりますが、相変らず問題は山積したままです。

      配偶者の税額軽減はあるけれど・・・・

      相続税は配偶者の税額の軽減*1があるので、1億6千万円もしくは、配偶者の法定相続分相当額の多い方までは実質相続税はかからないというものです。大部分の人の財産総額はこの中に収まるはずなので、両親のどちらかがなくなった場合には、全てを配偶者に相続させると、基本的には相続税が発生しないということになります。

      ただし、相続税の基礎控除は 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数 というルールがあるので、夫婦と子供が2人の家族の場合、親が1人亡くなった時の基礎控除額は 4,800 万円ありますが、2人目の親が亡くなった場合の基礎控除額は相続人が1人分減ってしまうので 4,200 万円になるので、財産総額に変化がなくても税負担が大きくなります。

      したがって、安直にこの作戦を取ることは得策ではありません。
      年齢順に人が寿命を迎えていくと考えた場合、残った親が死んだ時の相続税をどうするかを念頭にいれつつ、遺産相続をする必要があります。

      税金以外の出費もいろいろ

      相続税の確定申告を行ってくれる税理士への報酬もバカにならず、資産総額の1%くらいの金額が必要になるようです。
      土地や建物についての不動産の名義変更(登記)については評価額の1,000分の4*2の額の登録免許税が必要になるほか、遺産分割協議書や登記を司法書士等に依頼する場合にはその報酬についても念頭に置く必要があります。

      というわけで、こういう事態になるまで、これほど金がかかるものだという認識がありませんでした
      親が家や土地を持っている場合には、生きているうちに作戦を立ておく方がいいですね。


      at 23:48 |

      喪中はがきの印刷も Word で簡単に

      葬祭 
      喪中ハガキのテンプレート - 喪中はがきの印刷も Word で簡単に

      親父が亡くなって、喪中はがきを作成する人がいなくなってしまったので、久しぶりにに葉書作成。
      ハガキ印刷用のソフトを買った方が圧倒的に楽というのは一昔前の話で、現在は裏も表も現在は Word で簡単に作成できるんですね。

      表面

      MS にも特設ページが作られているので、これに従うと操作も分かりやすいと思います。
      また、住所録は郵便番号、住所、氏名を適当に Excel で打ち込んでおけば、それがデータソースになります。

      裏面

      裏面は喪中ハガキのテンプレートが公開されているので、これをダウンロードして文面を整えるだけです。

      背景については、プリントわんパグなど文字の入っていないデザインを公開しているページの素材を使えば、簡単にカスタマイズすることができます。


        at 19:55 |
        2018/11/24

        さわやかに待ち時間が分かるシステムが入っていた


        ご来店ください - さわやかに待ち時間が分かるシステムが入っていたさわやか Map - さわやかに待ち時間が分かるシステムが入っていた

        久しぶりの静岡ということで、さわかやでげんこつハンバーグを食べてきました。

        待ち時間の長さも名物ですが、いつの間にか電子的な順番待ちシステムが導入されていたんですね。
        全店の待ち時間もネットから確認できるようになっていますが、御殿場インター店はあいかわらずの混雑ぶりというのがよく分かります。

        げんこつハンバーグ Let's go!

        先ほど浜松基地でブルーインパルスのアクロバット飛行展示を見てきたので気づきましたが、さわやか Map の右上に書かれているのはさりげなくブルーインパルスですね。スモークで書かれているのはげんこつハンバーグでしょうか。


          at 17:03 |

          エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス

          shizuoka  jsdf  浜松基地  航空祭  blueimpulse 
          機体に向かうパイロット - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルススモークとヴェイパーの共演 - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス
          ウォークダウンなしで滑走路へ - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルスサンライズ - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス
          バックトゥバック - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルスフォーシップインバート - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス
          ワイドトゥデルタループ - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルススタークロス - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス
          コークスクリュー - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルスバーティカルキューピッド - エアフェスタ浜松2018 事前訓練公開のブルーインパルス

          みんな大好きブルーインパルス

          エプロンの位置関係で写真は逆光のものが多くて残念ですが、青空の下、迫力のあるアクロバット飛行が楽しめました。上空も含めて風が穏やかだったらしく、スモークも良く残っていたので、スタークロスやバーティカルキューピッドなどの大きな描きものは今年一番の出来だったのではないかと思います。

          始めて航空無線を聴きながら・・・

          友人が無線機を持ってきていたので、始めて航空無線を聴きながらの撮影となりました。撮影にもだんだん慣れてきて、ブレイクするタイミングなどはほぼ掴めるようになってきているのですが、やはり音声で聞こえると撮影もかなり楽ですね。

          特にアクシデント時の内容が分かるのも良いですね。今回は近くでドクターヘリが飛んでいたようで、その影響を避けるために離陸が少し遅れたりしましたが、その様子も無線でハッキリ聞き取ることができました。


            at 13:59 |

            エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた

            shizuoka  jsdf  浜松基地  航空祭  T-4  E-767 
            離陸する E-767( 64-3501) - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきたT-4(06-5641) 特別塗装機 - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた
            T-4(96-5775)地上展示 - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきたT-4 ダイヤモンド隊形 - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた
            原チャにもチェッカー - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた31 Squadron Commander - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた
            T-4 の着ぐるみ? - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきたT-4(76-5755) とすれ違う E-767( 64-3501) - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた
            ブルーインパルス - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた会場内の様子 - エアフェスタ浜松 2018 事前訓練公開にいってきた

            今日はエアフェスタ浜松2018の事前訓練公開に行ってきました。

            事前訓練公開とは?

            通常、航空祭は一般公開日の前日が招待日となっており、基地がある地元の人などを招待して基地への理解を深めてもらうイベントになっていたりするのですが、エアフェスタ浜松の事前訓練公開は事前の申し込みや抽選等がなく、当日に自己の障害を証明する手帳を持っている障がい者であれば入場できるという珍しいシステムです。僕は障がい者ではありませんが「障がい者お1人に対し、介添者1名程度のご同行をお願いします」という注意事項があるので、今日は介助者としての入場です。

            ほぼ全員が車で来場するということで、開門時間の 1100 になると、基地の周囲の道路は大渋滞になります。このあたりは作戦によりますが、うまく時間調整することが必要になりそうです。今回は渋滞に見事巻き込まれ、基地内に入ったのは 1200 過ぎでした。

            招待日なので、エプロン地区もブルーインパルスの前以外は最前列まで比較的空いていて、過ごしやすい1日でした。トイレの待ち時間もほとんどありません。

            浜松基地の航空機の注目は E-767

            事前訓練公開は基地所在航空機やブルーインパルスによる飛行訓練、航空機の地上展示の一部を公開ということになっているので、ブルーインパルス以外の航空機というとチェッカーのマークがよく目立つ教育飛行隊の T-4 や警戒航空隊の E-767 、浜松救難隊の UH-60U-125A がメインになります。

            これらの中で特に珍しいのは早期警戒管制機(AWACS)であるE-767 。大きなレドームを背負った独特の見た目が特徴ですが、世界でも4機しか製造されていない非常にレアな航空機(原型となった E-3 セントリーは横田で内部も見学済み)。浜松にしか配備されていないので、僕は飛んでいるところを始めて見ました


              at 12:39 |
              2018/11/23

              実家の親を扶養に入れた

              inheritance 

              実家の親を被扶養者にする(いわゆる、扶養に入れる)手続きがやっと完了しました。
              別居していると扶養の手続きも煩雑なので注意が必要です。

              所得税の方はそれほど難しくない

              所属税の方は、職場に被扶養者の異動を届け出れば、扶養手当がついたり年末調整の対象になるようです。
              ただ、以下の国税庁のウェブにも記載にもあるとおり、現状で生計を一にすることに関する書類の提出が求められているわけではないものの、別居の場合にはきちんとエビデンスを残す必要があるとも読めます。

              No.1180 扶養控除|国税庁

              別居している者を扶養控除の対象とするためには、常に生活費、療養費等の送金が行われているなど「生計を一」にしていることが必要となります。法令上、源泉徴収義務者に対してこれを証明する書類等を提出することまで必要とされているわけではありませんが、正しい扶養控除の計算を行うためには、銀行振込や現金書留により送金している事実を振込票や書留の写しなどの提示を受け確認することをお勧めします。
              (所法2、所基通2-47)

              健康保険の方はハードル高し

              親を健康保険上の扶養に入れれば、親は後期高齢者医療制度の対象となる75歳まで健康保険を支払う必要がなくなります

              ただ、以下のウェブでも解説されているとおり、60歳以上であって遺族厚生年金を受給している場合には年収180万円未満(月額150,000円未満)という収入制限があります。この収入の定義は今後見込まれる恒常的な収入の総額で、障害年金や遺族年金などの非課税の収入も含まれるとなっている厳しいものです。さらに、仕送りについてのエビデンス、理由書や誓約書の提出が必要になるなど、手続き的にもかなり厳しい要件になっています。

              どうも健保の種類によって認定基準が異なるようで、僕の加入している私学共済ではすんなり審査が通りましたが、協会けんぽの方の基準を見ると認定は難しそうな感じなので、こちらは入っている健保に合わせて手続きできるかできないかを考える必要がありそうですね。


                at 18:51 |
                «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»