BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
2019/01/15

Firefox 69 から Flash がデフォルトで無効に

firefoxquantum 

今年の9月頃にリリースされる予定の Firefox 69 から、Flash がデフォルトで無効になります。

一時期よりも Flash のコンテンツはだいぶ少なくなった感じがしますが、vSphere とかまだ必要なところもあるんですよね

参考

「Firefox 69」で「Adobe Flash Player」プラグインはデフォルト無効化へ - 窓の杜

「Firefox」における「Adobe Flash Player」のプラグインをデフォルト無効化は、今年9月に正式リリースされる予定の「Firefox 69」になりそうだ。「Flash」サポートを初期状態で無効化するバグ(問題点、要望、議論)が、Mozillaのバグ管理システム“bugzilla.mozilla.org”に登録されている。


    at 20:28 |
    2019/01/15

    Windows 7 のサポート終了まで1年を切りました

    windows7 

    Windows 7 のサポート終了の 2020 年 1 月 14 日*1まで、あと1年になりました。
    Windows XP のときの二の舞にならないように、計画的に新しい OS に移行を進める必要があります。

    複数の Microsoft 社製品のサポート終了に伴う注意喚起:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

    020年に複数のMicrosoft社ソフトウェアのサポートが終了します。一般的にサポート終了後は新たな脆弱性が発見されても、ベンダによる修正が行われません。よって、脆弱性を悪用した攻撃による情報漏洩や意図しないサービス停止などの被害を受ける可能性が高くなります。該当ソフトウェアのユーザは、速やかな最新版への移行等の実施が求められます。


    at 18:47 |
    2019/01/14

    ギャンブルで50万以上儲かると一時所得になる

    etax 

    もうすぐ確定申告の時期ですが、国税庁がギャンブルの払戻金が一時所得になる旨と、その計算方法の Excel を公開していたのでメモ。
    一時所得は普段使わない項目なので、申告が必要になる金額を知りませんでしたが、利益が 50 万円以上出た場合、その金額の 1/2 が総合課税されるみたいです。

    残念ことに利益の計算する時に控除できるのは年間投票額全額ではなく、払戻金が発生した際の投票額*1ということなので、年間トータルで負けていても課税対象になることでしょうか。
    確かこの計算方法は裁判になった*2*3 はずですが、結局改まったわけではないんですね。

    公営競技の払戻金の支払を受けた方へ|国税庁

    公営競技(競馬、競輪、オートレース、ボートレース)の払戻金については、一時所得として確定申告が必要となる場合があります。
    「払戻金の支払を受けた方へ」をご覧いただき、公営競技の払戻金に係る所得について、申告が必要かどうかご確認ください。


    at 22:03 |
    2019/01/14

    SB から「ADSLモデムの電源アダプター交換に関するお知らせ」が届いた

    YahooBB  recalls 

    ソフトバンクから「ADSLモデムの電源アダプター交換に関するお知らせ」という封書が届きました。

    内容を呼んでみると ADSL モデム(トリオモデム 3-G plus)の電源アダプター「DV-161A1ACJ」の交換品を送る旨と送付先住所の確認が書いてあります。交換する理由はハッキリと書いていませんが、交換品には「ラベルの左上部に黄色い●がついている」と書いてあるので、何らかの対策品のようです。明らかにリコールのように見えますが、こういう不具合をきちんと公表しないソフトバンクは誠実とは呼べませんね。

    ADSLモデムの電源アダプター交換に関するお知らせ | モバイル | ソフトバンク

    弊社のADSLサービスは、2001年の提供開始から17年が経過いたしました。引き続きお客さまに安定してADSLサービスをご利用いただくため、長期にわたりサービスをご利用いただいているお客さまを対象にADSLモデムの新しい電源アダプターを順次送付させていただきます。

      at 11:55 |
      2019/01/13

      平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃)

      jsdf  習志野駐屯地・演習場  chiba  airborne  16mcv  aav7 
       - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃)
       - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃)
       - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡設定以降の攻撃)

        at 12:07 |

        平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)

        jsdf  習志野駐屯地・演習場  chiba  airborne  CH-47  C-130  UH-1 
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)
         - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定) - 平成 31 年降下訓練始め(海岸堡の設定)

          at 11:49 |

          平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)

          jsdf  習志野駐屯地・演習場  chiba  airborne  C-2  P-3  CH-47  LR-2 
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)
           - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備) - 平成 31 年降下訓練始め(指揮官降下~着上陸準備)

            at 11:06 |
            2019/01/12

            NSA が今度公開するリバースエンジニアリングツールの名は GHIDRA


            NSA が GHIDRA と呼ばれるリバースエンジニアリングツールを公開するようなのでメモ。

            NSA はいろいろと怪しい活動をしていますが、 Apache NiFi なんかも元々は NSA 開発していましたしし、公式の GitHub アカウント(National Security Agency, NSA Cybersecurity)でもいろいろソフトウェア公開したりしているんですよね。

            米国家安全保障局、リバースエンジニアリングツール「GHIDRA」を公開へ - ZDNet Japan

            米国家安全保障局(NSA)は3月初旬にサンフランシスコで開催されるセキュリティカンファレンスRSA Conferenceで、リバースエンジニアリングツールを披露する。その後、オープンソースソフトウェアとして公開される予定だという。

            カンファレンスの元情報は以下のようです。

            Come Get Your Free NSA Reverse Engineering Tool! | USA 2019 | RSA Conference

            NSA has developed a software reverse engineering framework known as GHIDRA, which will be demonstrated for the first time at RSAC 2019. An interactive GUI capability enables reverse engineers to leverage an integrated set of features that run on a variety of platforms including Windows, Mac OS and LINUX and supports a variety of processor instruction sets.


              at 22:01 |

              家庭用の消火器は赤くなくてもよい

              law 

              蔦屋家電が家庭用の赤くない消火器を発表していたのでメモ。

              赤くないので規格的に大丈夫かなと思っていたのですが、問題ありませんでした。
              消火器は消火器の設置義務がある場所に置かれる業務用と、それ以外の家庭用(住宅用)があり、その規格は消火器の技術上の規格を定める省令で決まっていますが、住宅用には塗色の指定がないんですね。

              蔦屋家電、防災ブランド「+maffs」の第1弾商品として”赤くない”消火器を発売 - 家電 Watch

              二子玉川 蔦屋家電は、「防災をライフスタイルに。」をコンセプトとする防災ブランド「+maffs(マフス)」を立ち上げ、第1弾商品としてインテリアになじむカラーリングが特徴の「+ 住宅用消火器」を、1月16日から先行販売を開始する。現在、同社サイトで予約受付中。価格は10,000円(税抜)。

              消火器の技術上の規格を定める省令

              (塗色)
              第三十七条 消火器の外面は、その二十五パーセント以上を赤色仕上げとしなければならない。


                at 19:55 |
                2019/01/11

                どうしてみんな firewalld で --runtime-to-permanent を使わないのか

                firewalld  networking  centos7 

                最近、firewalld の使い方でとんでもない勘違いを犯していたことに気づいてしまいました。

                firewalld のルールを編集する場合、--permanent オプションをつけてルールを設定をファイルに保存してから、それを --reload で読み込むように解説しているサイトが多いと思います。例えば http を開放する場合には以下のような感じです。

                firewall-cmd --add-service=http --permanent firewall-cmd --reload

                これは --permanent をつけていないと再起動したときにルールが消えてしまうためなので、僕もこのやり方がスタンダードだとずっと思ってきたのですが、改めてマニュアルを改めて読んでいて --runtime-to-permanent*1 というコマンドがあることに気づきました。

                --runtime-to-permanent は読んで字のごとく、現在適用されているルールを設定ファイルに書込むという処理です。

                前述のやり方の難点はルール適用の結果を確認することなく、先にファイルに設定を書込んでしまうこと。
                要はルールの設定を間違えた場合に元に戻すのが非常に面倒なんですね。

                例えば、前述の処理を --runtime-to-permanent を使って書き直すと以下のようになります。

                firewall-cmd --add-service=http firewall-cmd --runtime-to-permanent

                ちょっとコマンドが長いので覚え辛いところが難点ですが、これであれば適用したルールが間違っていた場合に --runtime-to-permanent の代わりに firewall-cmd --reload を使うと、ルールを適用する前の状態に簡単に戻すことができます。使い方的にはこっちの方が合理的ですよね。


                at 16:55 |
                «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»