BLOGTIMES
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
2020/02/11

山形新幹線のケータイ不通区間がもうすぐなくなる

railways  mic  yamagata 

山形に出張するたびに新幹線の福島~米沢間のケータイ不通区間に不便を感じていたのですが、これについてちょっと調べてみたら、いつのまにか解消する見込みが立っていたのでメモ。

東北の新幹線「圏外」ようやく解消へ 東京五輪までに 全国最後の山形は20年末 | 河北新報オンラインニュース

東北を走る新幹線が2020年末、トンネル内を含む全線で携帯電話の使用が可能になる。総務省が山形新幹線大石田-新庄間、福島-米沢間にあるトンネルの電波遮蔽(しゃへい)対策事業に対する補助金交付を決定した。


    at 23:28 |
    2020/02/11

    非アクティブウィンドウスクロールの設定

    windows10 
    ポイントしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする - 非アクティブウィンドウスクロールの設定

    新しいマシンを組み立てて Windows 10 を再インストールしたら、非アクティブウィンドウスクロールがうまくいかなくなってしまったので再設定してみました。

    Windows 10 のシステムのは従来のコントロールパネルと、Windows 8 から導入された新しい「設定」が混在しているので、設定の場所がわかり辛いのが問題だと思うのですが、MS はこのあたりをちゃんと作り直す気はないんでしょうかね

    ちなみにこの設定は dynabook が動画で説明している以下のページの解説がわかりやすいです。


      at 23:05 |
      2020/02/10

      ちょっと変わった NY 土産

      ラーメン  unitedstates 
      ICHIRAN TONKOTSU RAMEN - ちょっと変わった NY 土産

      友人からもらったニューヨーク土産が MADE IN JAPAN というなかなかシャレの効いた一品でした。

      英語で書いてあるラーメンの説明がなかなか斬新です。
      その他にもトランス脂肪酸(Trans Fat )0% の表記があったりするのも米国ならではでしょうか。

      ちなみに一蘭のラーメンは国内でもおみやげとして販売されている商品がありますが、これはそれらとは違うみたいですね。頑張ればアマゾンで買うこともできるようです。


        at 22:41 |
        2020/02/10

        Python 2.7 の requests で SSLError が出て困った

        python  ubuntu 

        ちょっと古い Ubuntu (14.04)で動かしていた Python スクリプトがエラーを吐くようになってしまったので対応方法をメモ。
        コケているのが requests の部分のようだったので、試しに対話的に実行してみると以下ような SSL エラーが出てしまっていました。

        $ python2.7 Python 2.7.6 (default, Nov 12 2018, 20:00:40) [GCC 4.8.4] on linux2 Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>> import requests >>> r = requests.get("https://www.yahoo.co.jp/") Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> File "/usr/lib/python2.7/dist-packages/requests/api.py", line 55, in get return request('get', url, **kwargs) File "/usr/lib/python2.7/dist-packages/requests/api.py", line 44, in request return session.request(method=method, url=url, **kwargs) File "/usr/lib/python2.7/dist-packages/requests/sessions.py", line 455, in request resp = self.send(prep, **send_kwargs) File "/usr/lib/python2.7/dist-packages/requests/sessions.py", line 558, in send r = adapter.send(request, **kwargs) File "/usr/lib/python2.7/dist-packages/requests/adapters.py", line 385, in send raise SSLError(e) requests.exceptions.SSLError: [Errno 1] _ssl.c:510: error:14077410:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:sslv3 alert handshake failure

        とりあえず requests をアップデートすると修正できそうだったので、以下のコマンドでアップデートして無事解決しました。
        かなり古い環境なので、そろそろ再インストールしないといけないですね。

        apt-get install build-essential libssl-dev libffi-dev python3-dev easy_install pip pip install --upgrade requests[security] --ignore-installed

        参考


          at 18:48 |
          2020/02/09

          Windows 10 でドラッグアンドドロップが効かなくなったときは

          windows10 

          Windows 10 のExplorer でドラッグアンドドロップだけがどうしてもできない状態になってしまって困ってしまいました。

          いろいろ調べたところ「対処法は Esc キーを連打すること」のようで、試してみたら一発で直りました。
          僕は初めて遭遇した不具合ですが、ググってみると意外とメジャーな症状のようです。

          参考


            at 15:51 |

            Ryzen は標準で fTPM が使える?

            amd  PCパーツ  bitlocker  ryzen 
            UEFI AMD fTPM 設定 - Ryzen は標準で fTPM が使える?
            BitLocker ドライブ暗号化 - Ryzen は標準で fTPM が使える?

            Ryzen が入った PC の UEFI BIOS の画面を確認していたら fTPM(Firmware TPM) が有効にできることに気づきました。

            法人向けの PC を想定して設計されている Ryzen PRO には GuardMI Technology というものがあり、ここに Firmware TPM が含まれているのは知ってたのですが、普通の Ryzen に Firmware TPM が含まれていることは AMD のサイトには記載されていないようです。

            TPM があれば、BitLocker ドライブ暗号化が使える

            これがあると何が便利になるのか?ということですが、端的に言うと USB メモリなどの追加のデバイスなしで BitLocker ドライブ暗号化 が使えるということでしょうか。
            HDD の暗号化をかけておけば、廃棄の時などの手間や不安も少なくできます

            BitLocker ドライブ暗号化の注意点

            ちなみに、BitLocker を有効にした場合には回復キーのバックアップを確実に行っておきましょう。もし、TPM が壊れたりした場合にはドライブを読み書き可能にするために回復モードで 48 桁の数字を入力する必要があり、これができないとドライブの内容は永久に回復することができなくなります。

            加えて BIOS のアップデートなどの際には、事前に保護の中断の設定をする必要があることにも注意が必要です。


              at 13:55 |
              2020/02/08

              全ての大学生に AI 教育へ

              ai  mext 

              全ての大学生に AI 教育することが決まったようなのでメモ。

              これについては政府の「Society 5.0時代に向けた人材育成」にも入っているので、そのうち来るだろうなとは思っていました。小中のプログラミング必修化の時と同じですが、カリキュラムを作ったとしても教える教員については全く考えられていないんですよね。e-Learning の時代なんですから、国が率先して全学生が使える LMS とか、そういう仕組みを整備したら良いと思うのは僕だけでしょうか。

              全大学でAI教育へ 文科省などが標準科目を策定 - 毎日新聞

              文系・理系を問わず全ての大学生に人工知能(AI)やビッグデータ活用の素養を身につけてもらおうと、文部科学省などが、大学と高等専門学校(高専)を対象とした初級レベルの標準カリキュラム(科目)を策定した。


                at 22:05 |

                風邪ダウン


                久しぶりに完全に風邪でダウンしています。
                熱は 37.0 くらいしかないので、インフルではありませんがちょっと辛いですね。


                  at 13:12 |
                  2020/02/07

                  Coinhive 事件は 2 審で逆転有罪に

                  裁判  malware 

                  昨年、1審で無罪判決が出ていた Coinhive 事件は 2 審で有罪判決が出てしまいました。
                  警察や検察はなにが何でも有罪にしたいのかもしれませんが、こういう法曹界のリテラシーの低さはなんとかならないものでしょうか。

                  Coinhiveで“無断採掘”、逆転有罪 二審・東京高裁 - ITmedia NEWS

                  仮想通貨のマイニングツール「Coinhive」を、閲覧者に無断で自身のWebサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性の控訴審判決が2月7日にあった。東京高裁は一審の無罪判決を破棄し、罰金10万円を言い渡した。


                    at 21:12 |

                    75 インチの液晶を導入してみた

                    lcd 
                    JN-IPS7500UHDR-KG [強化ガラス仕様 4K 75インチ液晶ディスプレイ UHD PCモニター]

                    仕事場の打ち合わせ用に 75 インチの 4K モニタ(JN-IPS7500UHDR-KG)が入りました。
                    圧倒的に大きい&重い(約40kg)ので、開梱には少なくとも2名(できれば3名以上)の人員が必要です。

                    プレゼンテーションなど単色の内容を表示させると、表面のガラスの平滑性の問題なのか、バックライトの問題なのか、色ムラがかなり目立ちます。低価格帯のディスプレイであることを考えれば、ある程度の割り切りは必要なのかなと思います。そのほかに気になる点としては、映り込みが激しいことと、このディスプレイサイズに合ったアンチグレアフィルムが市販されていないことでしょうか。


                      at 21:08 |
                      «Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»