BLOGTIMES
2021/10/28

git のリモートで削除されたブランチをローカルに反映するには

  git 
このエントリーをはてなブックマークに追加

git でプルリクエストを使った開発をしていると「作業用にローカルで新しいブランチを切ってコミットする→プルリクエストを送る→リモートでマージされ、ブランチが削除される」という作業の流れになると思うのですが、リモートで削除されたブランチがゴミのようにローカルに残ってしまいます。

これを自動で削除する方法が分かったのでやり方をメモ。

git pull --prune

上記の --prune はワンショットだけですが、常に --prune したい場合には以下のように設定に書込んでしまうと良いみたいです。

git config --global fetch.prune true

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12822
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン