BLOGTIMES
2021/11/14

マルウエア感染の 7 割はチートやクラックツールが原因

  cracktool  cheating 
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルウエア感染の 7 割はチートやクラックツールが原因らしいというニュースを見つけたのでメモ。
これはなかなか興味深い結果ですね。

この手のツールはアプリのメモリを書き換えることで動作することが多いため、Windows のマルウェアを防御するための機能を無効化しないと利用できないわけですが、マルウェアの作者はこれを逆手に取っているということになるようです。この解析をしたのはArmoris(アルモリス)という凸版印刷系の会社のようですが、残念ながらニュースの原文になったようなレポートは見つけられませんでした。

マルウエア 感染の7割余 不正ソフトのインストールが原因か | IT・ネット | NHKニュース

どのような経路で感染するのか、去年から猛威を振るっている「レッドライン」と呼ばれる情報窃取型のマルウエアについて、情報セキュリティ-会社が日本の感染例920件余りの情報を解析したところ、74%が不正なソフトをみずからインストールしたことが原因とみられることが分かりました。具体的には、▽オンラインゲームなどにずるして勝つための不正ソフトが41%、▽有料のソフトを無料で使えるようにする不正ソフトが31%でした。


    こんな記事もあります 「アルモリス マルウエア感染 クラックツール
    本当のパスワードが送られてくる、脅迫メールに注意
    クラックツールの使用も大学のリスクに
    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12857
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン