BLOGTIMES
2022/05/29

Ruffle で昔の .swf を再生する

  flash  migration  rust 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ruffle .swfを再生 - Ruffle で昔の .swf を再生する

古いディスクからどうしても内容を確認したい .swf ファイルが出てきたので、なんとかこれを再生する環境を作ることができないかと思って調べてみたら Ruffle という Rust で実装された Flash のエミュレータを見つけたのでメモ。

どれくらい動作するのかと思って、古いマシンのブラウザキャッシュに残っていた .swf を放り込んでみたら、当時の広告をこんな感じで再生することができました。Yahoo!Japn などのポータルサイトのトップにある広告がほとんど Flash だった時代があったということが分かって感慨深い結果になっています。

ちなみに .swf の内容を確認する一番簡単な方法は Adobe 純正の Flash Player projector を使うことです(Adobe のサイトは自体は消えていますが、Internet Archive から .exe のダウンロードは可能でした)。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13263
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン