BLOGTIMES
2016/06/25

話題のリスボン条約第50条を調べてみる

  law 
このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスの国民投票でイギリスの EU の離脱 (Brexit) が過半数となって大騒ぎになっていますが、離脱に当たってはリスボン条約 50条を満たすことが必要と繰り返し報道されているので、この条文の原文を調べてみました。なかなか苦労しましたが、おそらく EU のオフィシャルな原文は以下のものだと思われます。

第50条には EU 脱退の流れが書かれていて、第1項の「いかなる加盟国もその国の憲法上の要求事項に従って、連合からの脱退を決定することができる」に始まって、そして脱退を決定した場合には欧州理事会にその意思を通知(第2項)、その通知から2年後に条約の適用をやめる(第3項)というように進むようです。2年後がなんちゃらというのはここから出てくるんですね。また、再加入については第49条を適用する(第5項)ようなので、再加盟でも普通に審査やりますよということになるようです。

CONSOLIDATED VERSIONS OF THE TREATY ON EUROPEAN UNION AND THE TREATY ON THE FUNCTIONING OF THE EUROPEAN UNION - Official Journal of the European Union

Article 50
  1. Any Member State may decide to withdraw from the Union in accordance with its own constitutional requirements.
  2. A Member State which decides to withdraw shall notify the European Council of its intention. In the light of the guidelines provided by the European Council, the Union shall negotiate and conclude an agreement with that State, setting out the arrangements for its withdrawal, taking account of the framework for its future relationship with the Union. That agreement shall be negotiated in accordance with Article 218(3) of the Treaty on the Functioning of the European Union. It shall be concluded on behalf of the Union by the Council, acting by a qualified majority, after obtaining the consent of the European Parliament.
  3. The Treaties shall cease to apply to the State in question from the date of entry into force of the withdrawal agreement or, failing that, two years after the notification referred to in paragraph 2, unless the European Council, in agreement with the Member State concerned, unanimously decides to extend this period.
  4. For the purposes of paragraphs 2 and 3, the member of the European Council or of the Council representing the withdrawing Member State shall not participate in the discussions of the European Council or Council or in decisions concerning it.
    A qualified majority shall be defined in accordance with Article 238(3)(b) of the Treaty on the Functioning of the European Union.
  5. If a State which has withdrawn from the Union asks to rejoin, its request shall be subject to the procedure referred to in Article 49.

株式市場とか為替とかしばらく大荒れになりそうなので、近づかないようにしようと思います。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8582
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン