BLOGTIMES
2018/11/22

undll.exe と 7-zip32.dll でコマンドラインから zip ファイルを作る

  powershell  cli  windows 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows のコマンドラインから zip ファイルを作ろうとしたらいろいろと苦労してしまったので、忘れないうちにその顛末のまとめ。

まず、Windows には標準で zip を扱うためのコマンドは用意されておらず、.NET FrameworkPowerShell の機能を呼出す必要があります。具体的には .NET Framework にある IO.Compression.ZipFile*1 や PowerShell の Compress-Archive*2 などになります。

実際にこれらを使って Windows のコマンドラインからフォルダを圧縮して zip ファイルにするには、以下のような感じになるようです。

:::PowerShell powershell compress-archive "path\to\dir\*" "path\to\dir.zip" :::.Net Framework powershell -nologo -noprofile -command "& { Add-Type -A 'System.IO.Compression.FileSystem'; [IO.Compression.ZipFile]::ExtractToDirectory('path\to\dir.zip', 'path\to\dir'); }"

ところが、どうもこれらはファイルの圧縮時に改行コードあたりを弄ってしまうようなので、なるべく副作用が少ない方法を調べていて以下の undll.exe と 7-zip32.dll を使う方法にたどり着きました。

上記のサイトから zip ファイルをダウンロードして展開し、undll.exe は 7-zip32.exe にリネームしておきます。
あとは以下のような感じのコマンドを実行すると、前述の PowerShell や .Net Framework と同等の機能が実現できます。

:::undll.exe + 7-zip32.dll 7-zip32.exe a -tzip ..\quotecolors.zip path\to\dir\ -r "*"

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10590
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン