BLOGTIMES
2019/04/27

セマンティック バージョニング 2.0.0

  SourceControlManagement  programming 
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で作ったソフトウェアを公開する段階になると迷うのがバージョン番号

なんとなく v1.0.0 のような感じにしていたりするのですが、バージョン番号の付け方について分かりやすくまとめられているセマンティック バージョニング 2.0.0というドキュメントを見つけたのでメモ。シンプルですが最低限考慮すべき事項が網羅されているので、これまで何となくバージョン番号を付けていた人にはとても参考になると思います。

セマンティック バージョニング 2.0.0 | Semantic Versioning

私はシンプルなルールセットとバージョン・ナンバーをどのように割り当て、バージョンを上げていくのかについての要件を提案します。これらのルールは既存のクローズドまたはオープンソースプロジェクトで普及している一般的な(必ずしもそうであるとは限りませんが)プラクティスをもとに作られています。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10915
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン