BLOGTIMES
2019/04/28

土地の現況測量

  inheritance 
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、相続した土地の登記が終わりましたが、相続税の申告と納付までは気が抜けません。
というわけで今日は税理士さんと土地の現況測量

登記簿があるので実測する必要があるのか?という疑問がありますが、図面ではなく実際に確認して写真を撮ることが重要とのこと。
計測方法も測量機などではなく、巻き尺で測るというアナログな方法だったので、それほど時間はかからずに終了しました。

ちなみに現況測量は路線価がついている場所のみで、路線価がない田んぼは写真を撮っただけでした。

どのような時に測量が必要となるのか|資産承継|コラム・基礎知識 | レッツプラザ 三井のレッツ

相続税等、土地の評価をする場合には、利用区分毎の間口、奥行き、形状、面積等が必要となります(現況求積測量、現況平面測量)。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10926
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン