BLOGTIMES
2020/02/13

今年は SSD と HDD の関係が逆転する?

  hdd  ssd 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SSD が本格的に普及し始めたのは 2009 年頃だったでしょうか。
HDD に比べて SSD は高価なので、ストレージとしてはマイナーな時代が10年以上続いてきたことになりますが、その勢力図が今年とうとう逆転するという予測が出ているようです。

最近は TB クラスの SSD であっても、個人で気軽に買える値段になってきているので、動画や写真等でどうしても容量を優先せざるを得ない場合を除いて SSD 搭載の PC を選ぶことができるようになっていますからね。

【福田昭のセミコン業界最前線】SSD市場が台数と金額でHDD市場を史上はじめて追い抜く ~日本HDD協会2020年1月セミナーレポート(SSD市場編) - PC Watch

出荷台数と出荷金額のトレンドはHDDが減少、SSDが増加である。出荷台数と出荷金額の数値は、2019年まではHDDが多い。2020年にはいずれもSSDがHDDを追い抜くと予測する。出荷台数はSSDが2億7,930万台、HDDが2億7,400万台、出荷金額はSSDが262億7,700万ドル、HDDが205億8,000万ドルである。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11544
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン