BLOGTIMES
2021/04/12

ペルチェ素子を搭載した簡易水冷

  cooling  PCパーツ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cooler Master MasterLiquid ML360 SUB ZERO LGA1200専用 水冷CPUクーラー MLZ-D36M-A19PK-12 FN1529

Cooler Master からペルチェ素子を搭載した簡易水冷が登場していました。

ペルチェは単純に使うと結露してしまうので、オーバークロックする時のキワモノグッズのというイメージが抜けませんでしたが、インテルが「インテル® Cryo Cooling Technology: インテリジェント・サブアンビエント冷却」ということで売り出しているんですね。

欠点としては、ペルチェはそれ自体の消費電力が CPU を上回ることでしょうか。実際にこのクーラーの仕様を見ると消費電力がなんと最大 200W になっています。これを見てしまうと、やはりペルチェはゲーミングもしくはオーバークロッカーのおもちゃの域を出ていないと思います。

Cooler Master、周辺より低い温度で冷却可能な水冷クーラー - PC Watch

本製品では具体的に、熱電変換ユニット(TEC、ペルチェ素子)を利用している。CPUをペルチェ素子で冷却し、ペルチェ素子から放出した熱は水冷で対処する仕組みだ。ただ、むやみに冷却するとCPU周辺が結露してしまうので、本製品ではウォーターブロックに内蔵したセンサーが温度と湿度を検知し、システムに伝達、それに基づいて冷却することで、結露が起きるリスクを回避する。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12409
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン