BLOGTIMES
2010/04/21

DDforWindows

  windows  vmware  esxi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

DDforWindowsを管理者として実行 - DDforWindowsDDforWindows - DDforWindows

VMWare ESXiを研究室の新しいサーバにセットアップしようとしたら、インストールは成功するもののRAIDからちゃんとブートすることができないので、USBメモリにインストールすることにしました。

この作業自体は以前やったことがあって、ESXiのisoイメージに入っているinstall.tgzを解凍すると、VMWare-VMvisor-big-208167-x86_64.dd.bz2みたいなファイルが出てくるので、これをさらに解凍した、VMWare-VMvisor-big-208167-x86_64.ddファイルをddを使ってUSBに流し込むだけの簡単な作業です。あとはこのUSBから起動するとVMWareが起動します。

この作業を行うにはddが必要になるので、既存のLinuxが必要になりますが、そのような環境がなかったので、ちょっと無精をしてWindowsでdd出来るソフトがないかどうか探してみたところ、DDforWindowsというそのまんまのソフトがありました。これを使えば、Windows上でddファイルを直接USBに流し込むことができます。

DDforWindows - Silicon Linux Wiki

Windows上でCompactFlashなどのディスクイメージのバックアップやリカバーをするためのツールです。 disk dump for windowsの略です

使い方もGUIでドライブとファイルを選んでボタンを押すだけなので簡単です。ちなみにWindows7で実行する場合には当たり前ですが管理者権限で実行するようにしてあげないと対象のドライブが現れないので、そのあたりは注意が必要です。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/3521
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン