BLOGTIMES
2012/10/10

lvcreate で最大容量を指定するには

  cli  systemmanagemant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

LVM でボリュームが管理されいているマシンにディスクを追加するときに、いつもマニュアルがなくて困るのでメモ。
基本的には PV の初期化、VGの作成、LVの作成を行いさえすれば、普通のパーティションと何ら変わりません。

ポイントとしては lvcreate の時のサイズ指定で -l 100%FREE と指定すると、空き容量を全て使うことができることでしょうか。
こうすると容量を自分で計算しなくて済むので非常に楽です。

pvcreate /dev/sdb # PVの初期化 vgcreate -s 32M VolGroup01 /dev/sdb # VGの作成 lvcreate -n /dev/VolGroup01/LogVol00 -l 100%FREE VolGroup01 # LVの作成 mkfs.ext3 -j /dev/VolGroup01/LogVol00 # ファイルシステムの初期化 mkdir -p /mnt/data # マウントポイントの作成 vi /etc/fstab # fstabの修正(変更内容は下記) mount /mnt/data # ボリュームのマウント

/etc/fstab

--- fstab.org 2012-10-10 12:31:20.000000000 +0900 +++ fstab 2012-10-10 12:31:20.000000000 +0900 @@ -5,3 +5,4 @@ sysfs /sys sysfs defaults 0 0 proc /proc proc defaults 0 0 /dev/VolGroup00/LogVol01 swap swap defaults 0 0 +/dev/VolGroup01/LogVol00 /mnt/data ext3 defaults 1 1

参考


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5286
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン