BLOGTIMES
2013/04/06

鹿島神宮

  shrinesandtemples  ibaraki 
このエントリーをはてなブックマークに追加

楼門 - 鹿島神宮拝殿 - 鹿島神宮
おみくじは大吉 - 鹿島神宮奥宮 - 鹿島神宮
御手洗池 - 鹿島神宮要石 - 鹿島神宮

恒例の神社めぐりは、常陸国一之宮 鹿島神宮*1に立ち寄ります。

まずは拝殿、奥宮にお参り。その後、御手洗池や要石をまわりました。地震を起こす大なまずを押さえていると言われている要石ですが、地上に見えているのはほんの20センチ程度なので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。ただ、地中の本体はかなり大きいようで、下記のような逸話があるようです。

要石 << 常陸国一之宮 鹿島神宮

要石は見かけは小さいが、実は地中深くまで続いている巨岩です。地上の部分は氷山の一角です。
水戸の徳川光圀公(みつくに)が、要石の根本を確かめようと、七日七晩この石の周りを掘りました。でも、掘れども掘れども、掘った穴が翌日の朝には元に戻ってしまい、確かめることできませんでした。さらに、ケガ人が続出したために掘ることをあきらめた、という話が【黄門仁徳録】に伝えられています。

おみくじは久しぶりに大吉でした。


こんな記事もあります 「一之宮 要石 常陸
トトロと八国山と松郷
はくせん
トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5714
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン