BLOGTIMES
2013/10/18

I217-V のポートを ESXi 5.1 で使えるようにする

  esxi  asus 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXi5.1 with I217-V - I217-V のポートを ESXi 5.1 で使えるようにする

最近の新しめのマザーボードでオンボードの Ethernet のチップが Intel になっているもの(例えば ASUS の Z87-DELUXE*1 とか、ASRock の Z87M Pro4*2とか)を買うと、 搭載されているチップが I217-V*3 だったりします。

このチップ2012年の第4四半期から発売された新しいものなのですが、新しすぎるのか Intel のチップにもかかわらず ESXi 5.1 がデフォルトで認識できません。というわけで、今回は ESXi 5.1 でこの I217-V を認識できるようにしてみました。

具体的な方法としては、まず、下記の参考サイトからドライバ net-e1000e-2.3.2.x86_64.vib をダウンロードしておきます。マザーボードにある唯一のネットワークポートが I217-V しかない場合は、他の PC でダウンロードして USB 経由でインストールすることになりますが、今回は幸いにも増設ポートがあったのですんなりインストールすることができました。

あとは ESXi のシェルから下記のコマンドを打ち込みます。

esxcli system maintenanceMode set -e true # メンテナンスモードに移行 esxcli software acceptance set –level=CommunitySupported #Communityのドライバ受け入れるように esxcli software vib install -v /path/to/net-e1000e-2.3.2.x86_64.vib #ドライバのインストール

再起動が必要になるので、ここでホストを再起動します。
その後、下記のコマンドでメンテナンスモードを解除すればOK。

esxcli system maintenanceMode set -e false # メンテナンスモード解除

あとは ESXi のクライアントから NIC の情報を見ると I217-V が認識されていることが確認できるはずです。

参考


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6212
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン