BLOGTIMES
2018/01/29

S3 互換の Minio Drive を CentOS7 にインストールしてみた

  aws  tutorial  s3 
このエントリーをはてなブックマークに追加

S3 互換のストレージが欲しくなって Minio Drive をセットアップしてみました。
実行ファイルが1つだけという非常にシンプルな daemon になっています。

Minio Drive

Minio is an open source object storage server with Amazon S3 compatible API.
Build cloud-native applications portable across all major public and private clouds.

private な S3 として開発用やイントラ専用ストレージとして十分使えそうですね。
以下、セットアップメモ。

実際のインストール方法

とりあえず必要な手順的には以下のような感じでしょうか。
ACCESS_KEY と SECRET_KEY はランダムなものが自動生成されます。

# ユーザーの追加 useradd -s /sbin/nologin minio # バイナリのインストール pushd /opt mkdir -p minio/bin pushd minio/bin wget https://dl.minio.io/server/minio/release/linux-amd64/minio chmod +x minio popd chown -R minio:minio minio # systemd スクリプトを作成 # from https://github.com/minio/minio-service/tree/master/linux-systemd pushd /etc/systemd/system/ curl -O https://raw.githubusercontent.com/minio/minio-service/master/linux-systemd/minio.service sed -i -e 's|/usr/local|/opt/minio|' minio.service sed -i -e 's/minio-user/minio/' minio.service popd # データディレクトリを生成 DATA_DIR=/var/lib/minio mkdir "$DATA_DIR" chown -R minio:minio "$DATA_DIR" chmod 770 "$DATA_DIR" # 設定ファイルを生成 ACC=`mkpasswd -l 20 -s 0` SEC=`mkpasswd -l 20 -s 0` echo "ACCESS_KEY=${ACC} SECRET_KEY=${SEC}" cat <<EOT > /etc/default/minio # Local export path. MINIO_VOLUMES="$DATA_DIR" # Access Key of the server. MINIO_ACCESS_KEY=$ACC # Secret key of the server. MINIO_SECRET_KEY=$SEC EOT # サービスの有効化と起動 systemctl daemon-reload systemctl enable minio.service systemctl start minio.service # firewalld 設定変更 firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=9000/tcp firewall-cmd --reload

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9938
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン