BLOGTIMES
2019/01/12

NSA が今度公開するリバースエンジニアリングツールの名は GHIDRA

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

NSA が GHIDRA と呼ばれるリバースエンジニアリングツールを公開するようなのでメモ。

NSA はいろいろと怪しい活動をしていますが、 Apache NiFi なんかも元々は NSA 開発していましたしし、公式の GitHub アカウント(National Security Agency, NSA Cybersecurity)でもいろいろソフトウェア公開したりしているんですよね。

米国家安全保障局、リバースエンジニアリングツール「GHIDRA」を公開へ - ZDNet Japan

米国家安全保障局(NSA)は3月初旬にサンフランシスコで開催されるセキュリティカンファレンスRSA Conferenceで、リバースエンジニアリングツールを披露する。その後、オープンソースソフトウェアとして公開される予定だという。

カンファレンスの元情報は以下のようです。

Come Get Your Free NSA Reverse Engineering Tool! | USA 2019 | RSA Conference

NSA has developed a software reverse engineering framework known as GHIDRA, which will be demonstrated for the first time at RSAC 2019. An interactive GUI capability enables reverse engineers to leverage an integrated set of features that run on a variety of platforms including Windows, Mac OS and LINUX and supports a variety of processor instruction sets.


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10699
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン