BLOGTIMES
2019/09/06

FIRST CSIRT Services Framework が v2.0 に

  csirt  reference 
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIRST CSIRT Services Framework v2が公開されていたのでメモ。

少し前までは CSIRT と JPCERT/CC の区別がつかないような人も多かったわけですが、現在は CSIRT を設置している企業や団体も増えてきました。CSIRT の作り方については JPCERT/CC の CSIRT マテリアルが鉄板ですが、こういう新しい資料に目を通して知識をブラッシュアップしておくことも大切です。

CSIRTが提供するサービスをまとめた一覧がメジャーバージョンアップ【海外セキュリティ】 - INTERNET Watch

「FIRST CSIRT Services Framework」のバージョン2.0が7月に公開されました。これは、CSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)の国際的なコミュニティであるFIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)のEducation Advisory Boardがまとめた「CSIRTが提供するサービス(≒役務)の一覧」です。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11199
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン