BLOGTIMES
2020/03/13

git でパスワードを毎回打たなくても良いようにする

  git 
このエントリーをはてなブックマークに追加

git で毎回パスワードを打つのが面倒なので、パスワードの保存方法を調べてみました。
とりあえず、以下の2つのいずれかを設定しておくと良さそうです。

git config --global credential.helper cache #一定時間メモリにキャッシュ git config --global credential.helper store #ファイルに永続的に保存

ちなみに store を指定すると、マニュアルにもあるとおり生パスワードがファイルに書かれてしまうことに注意が必要です。自分だけが利用するプライベートなサーバ等でなければ、HTTP ではなく SSH を使って公開鍵認証をするのが、やはり定石でしょうか。

Git - 認証情報の保存

“store” モードにすると、認証情報がテキストファイルでディスクに保存されます。有効期限はありません。 ということは、パスワードを変更するまで、認証情報を入力しなくて済むのです。 ただし、パスワードが暗号化なしのテキストファイルでホームディレクトリに保存される、というデメリットがあります。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11600
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン