BLOGTIMES
2020/08/07

HDMI 入力をウェブカメラとして扱うことができるアダプタ

  teleconferencing 
このエントリーをはてなブックマークに追加

接続するだけで簡単に映像をパソコンへ取り込むことができるビデオキャプチャー MonsterX Lite

HDMI から本格的なビデオキャプチャを行うためには Elgato Cam Link 4K などを導入することが手っ取り早いわけですが、本格的なキャプチャデバイスは繋いですぐに使えるというわけでではないので、ウェブ会議をとにかく簡単に高画質化したいという場合には向いてません。

そんな要求に応えてくれる MonsterX LiteというHDMI 入力をウェブカメラとして扱うことができるアダプタが発売されるようなのでメモ。出力は 1,920×1,080@30fps まで。ドライバ不要とのことなので、UVC (USB Video Class) デバイスとして認識されるということでしょうかね。

MonsterX Lite SK-MVTG|エスケイネット

Monster-X Liteは、WEB会議、ライブ配信に最適なビデオキャプチャーのエントリーモデル。スマートフォンやパソコン内蔵のカメラに代わり、一眼レフなどと接続し、高画質WEBカメラとして使用できるアダプターです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11898
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン