BLOGTIMES
2020/08/19

NICT の HTTP/HTTPS の時刻配信は廃止の方向に

  nict  ntp 
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内で誰でも使える高精度な時刻サーバといえば NICT の日本標準時プロジェクトのサーバですが、このうちHTTP/HTTPS の時刻配信は廃止される方向のようです。

NTP を使っている人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、「日本標準時プロジェクト https/http を介してアクセスされる場合」にあるとおり、例えば https://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/json にアクセスすると JSON 形式で日本標準時を取得することができます。HTTP/HTTPS は NTP と違って階層構造を取ることができないので、負荷が馬鹿にならない状態になっているみたいなので、実験サービスとしてはしょうがないですかね。

日本標準時グループ 新着情報

NTPに加えてhttp/httpsによる時刻配信を試験的に実施してきましたが、今後別記の理由により「NTPを利用した時刻配信」に一元化する方向とし、「http/httpsを利用した時刻配信」については、停止に向けた取組みを開始させていただきます。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11919
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン