BLOGTIMES
2021/12/05

スクエニのゲーム開発プロジェクトマネジメント講座

  softwareengineering 
このエントリーをはてなブックマークに追加

変動要因別の変化幅の例 - スクエニのゲーム開発プロジェクトマネジメント講座

TL でスクエニの「ゲーム開発 プロジェクトマネジメント講座」という PDF が話題になっていたのでメモ。
ネットを検索してみると発表当時もそこそこ話題になったようです。

10 年資料ですが今読んでみても工期に関するフェルミ推定も興味深いですし、純粋に読み物としても面白いと思います。

個人的にはプロジェクトマネジメントは「未来は予想できるという立場」と「不測の事態にも対処しなければならない(適応)という立場」が両輪になっていて、PM はこの 2 つの立場を切り替えながら、どちらの考え方も尊重しながら進めていくのがキモだと思っています。

この資料はそのような考え方を実践しやすい形で記述した良いプラクティス集になっていると思います。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12906
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン