BLOGTIMES
2022/04/11

Fedora 37 からは BIOS ブートでの新規インストールが不可に

  fedora 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fedora が 37 から Legacy BIOS ブート環境への新規インストールをサポートしなくなる*1ようなのでメモ。

最近は基本的に UEFI ブートなので特に問題は生じないはずですが、古いマシンを再生するような場合には気をつける必要があります。Linux は Windows のように BIOS ブート → UEFI ブート変換のような手順がないはずなので、OS は再インストールする必要がありそうです。

Fedora 37でレガシーBIOS環境下の新規インストールがサポート終了へ - PC Watch

新規インストールにおけるハードウェア要件を変更するもので、UEFIをサポートするx86_64プラットフォームが必須となる見込み。レガシーBIOS環境でも継続して利用は可能だが、新規インストールは行なえなくなり、将来的にはサポートを完全に終了する予定だという。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13167
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン