BLOGTIMES
2022/10/14

民法改正で親の懲戒権が削除に

  law 
このエントリーをはてなブックマークに追加

民法改正で親の子に対する懲戒権が削除されるようなのでメモ。
条文を見る限り体罰に関する直接的な表現はありませんが、虐待防止ということのようです。

親の「懲戒権」削除へ 民法改正案を閣議決定:時事ドットコム

現行の民法822条は、「親権を行う者は、監護および教育に必要な範囲内で、その子を懲戒することができる」と定める。この規定が体罰を含む厳しい「戒め」を許容しているとの印象を与え、児童虐待を正当化する口実になっていると指摘されていた。

参考

民法 | e-Gov法令検索

(懲戒)
第八百二十二条 親権を行う者は、第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる。


    こんな記事もあります 「親権 口実 監護
    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13544
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン