BLOGTIMES
2004/10/23

ゴッゴルは主催者が勝者となるか?

  seo 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOコンテストに正式に参加するにはルールで http://www.seo-association.com にリンクをしないといけないんですが、どう考えてもこのルールが不自然だよなぁと思っていたんですが、NDO::Weblogのnaoyaさんがすでにこの件に関してエントリをかかれていますね。

ゴッゴル主催者側の意図を推測してみる : NDO::Weblog

参加表明をするには「第一回 SEO コンテスト」の文字列と共に、www.seo-association.com にリンクする必要があります。ということで、www.seo-association.com は最近取得したドメイン(登録は 2004年 9月 29日) にも関わらず、大量のインバウンドリンクを獲得することができます。これによりこのドメインは「SEO」という単語で SEO されるというシナリオですね。

この辺は見る人が見れば見え見えなので、ウチのサイトも含めてわかっている人ほどリンクを張っていないという展開になっているところがなんとも面白いです。そのあたりに注目すると、ゴッゴル祭りも面白いです。サイトの書き手のSEOレベルもわかりますし。

さらに、ダメ人間なのに会社始めましたさんのゴッゴル効果で得られるものというエントリでも同様の指摘がなされています。こちらの考察も面白いです。

PageRank狙いのTB問題

コンテストでのTBの規制はきちんとしないといけないと思います。この件に関してはVANILLACHIPSのfudaさんのエントリが非常に参考になります。

[V]: もし第2回SEOコンテストがあるとしたら(ゴッゴル)

もし第2回SEOコンテストがあるとしたら、ブログサイトからのトラックバックにはもっとはっきりとした規制が必要だと思います。

これまでも迷惑TBの話というのはちょくちょくあったわけで、この辺は予測できてもよかったんじゃないかと思ったりもするのですが、どうなんでしょうかね。

作戦勝ち・・・となるか?

総合的に考えると主催者が一番おいしいということになるんでしょうが、このあたりは「一枚上手でした」ってていうことなんだと思います。その点においては僕はどうこう言うつもりはありません。商売ってそういうものだと思うので。でも、最終的に目論見どおりとなるかはやっぱり気になりますね。。

ウチの場合

このblogはSEO目的に作ってるわけじゃないですし、あまり意識したことはないんですよね。

言うなれば単なるネタ帳ですし。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/451
    Trackbacks
    例のゴッゴル祭、徐々に真実が明るみに? ゴッゴルは主催者が勝者となるか? ということで、オレも今までほとんどなかったトラックバックがゴッゴルの書き込みでいきなり
    zawalog (2004/12/12 23:11)
    ゴッゴル関連サイトの登録申請がありました どっけあっと.COM検索エンジンに、ゴッゴル関連のサイトの登録申請が2件ありました。もちろん削除しましたが。 現在、ゴッゴルというキーワードでSEOコンテストが開催されています。ゴッゴルという言葉には、Googleの上位表示を争...
    どっけあっとね! (2004/10/28 11:11)
    Local Trackbacks
    2ちゃんを覗いたらこんなサイトが。 僕ではありません(笑
    (2004-10-23)
    【ごっ-ごる】[自立語・固有名詞・無活用] 多分アレだ、新しいウイルスかなんかだよね。ゴッゴル。グーグルで検索したあたりでガブッと。特に左手の薬指の第二関節辺りが好物。だから、wとか2あたりタイプ...
    (2004-10-18)
    各所でゴッゴルという単語のオンパレードになっていますが、ゴッゴルとは日本初の SEO コンテスト用に作られた単語なので、特に意味はありません。とりあえずこの単語でGoogle 1位になれば商品Getという企画らし...
    (2004-10-18)
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン