BLOGTIMES
2013/02/21

Linux 、i386 のサポートを終了

  linux 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux 3.8 がリリースされた*1ようですが、このカーネル 3.8 から i386 のサポートが打ち切られたようです。

ファイルシステム周りでいくつかの改善:さらば386プロセッサ――Linuxカーネル 3.8、リリース - @IT

Linuxカーネルの最新版となる「Linux 3.8」が2月18日に公開された。極めて小さなサイズのファイルをinodeに組み込み、ディスクの仕様効率を改善させるファイルシステム、Ext4のサポートなどが特徴だ。また事前に伝えられていた通り、386プロセッサのサポートは打ち切られた。

386 で動く OS としてスタートした Linux としては1つの節目になりますね。とはいえ、 i386 を現役で使っている人は既にいないでしょう。僕くらいの年齢でも i386 の PC を所有していたことはないくらいですし。まだ i486 はサポートされるようですが、ベースラインが i686 以降もしくは x86_64 あたりになるのもそんなに遠くはないような気がします。

ちなみにこれは最新のカーネルの話なので、今使っているディストリビューションが i386 対応の場合には特に影響はないはずです。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5603
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン