BLOGTIMES
2014/02/09

九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)

  nagasaki  residence  mining 
このエントリーをはてなブックマークに追加

発電所 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)バス停 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)
商店街 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)共同住宅と蒸気配管 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)
8階建ての共同住宅 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)出勤路 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)
第二竪坑櫓 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)慈海の像 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)
現在は生徒5人だけの小学校 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)共同住宅 - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)
ジブローダー - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)シップローダー - 九州最後の炭坑 池島めぐり(島内観光編)

フェリーを降りると、観光目的で来る人ばかりなので池島炭鉱さるく*1のスタッフが出迎えてくれるので、そのままワゴン車に乗って池島開発総合センターへ。

軽く説明を受けた後、島内を巡りへ。池島の人口はまだゼロではありませんが、仕事がほとんどないような場所なのでほとんどが高齢者もしくは生活保護という話でした。この島は廃墟のような場所も多いのですが、軍艦島との最大の違いはまだ生きているということ。従って、基本的には公道であれば自由にあるきまわることができるのです。

老朽化が進んできているので、近い将来いろいろなもの(例えば公道の上を通っている搬送路など)が取り壊されるかもしれないとのことでした。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6491
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン