BLOGTIMES
2014/07/12

目黒にある寄生虫専門の博物館

  tokyo  museum 
このエントリーをはてなブックマークに追加

館内は標本瓶がずらり - 目黒にある寄生虫専門の博物館顕微鏡はカール・ツァイス・イエナ製 - 目黒にある寄生虫専門の博物館
8.8m もある日本海裂頭条虫 - 目黒にある寄生虫専門の博物館山口左仲博士の「虎の巻」 - 目黒にある寄生虫専門の博物館

目黒まで来たので、前々からちょっと気になっていた目黒寄生虫館に立ち寄ってみました。無料(寄付金箱あり)です。

ビルの1、2Fにある2部屋だけの小さな博物館ですが、中はホルマリン漬けの標本瓶がぎっしり。小学生のころやらされたギョウ虫検査の対象となる、ギョウ虫の本物があったりとなかなか興味深い展示がたくさんあります。一番驚くのは人の中から出てきたという日本海裂頭条虫。なんと長さが 8.8m もあります。

標本のほか寄生虫分類学である山口左仲博士の虎の巻(研究ノート)やカール・ツァイス・イエナ製の顕微鏡なども展示されています。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6857
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン