BLOGTIMES
2014/08/16

Defrag.exe を使って SSD を trim する

  windows8  cli 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Defrag.exe による Trim の実行 - Defrag.exe を使って SSD を trim する

SSD にデフラグを行うことは禁忌とされています。そもそも SSD は断片化の影響をうけないのと、そもそもウェアレベリングによって物理的なアドレスと論理的なアドレスが一致していないのでファイルの再配置を行っても意味がなく、単に寿命が縮まるだけだからです。

そんなわけで、Windows 8 標準のデフラグツール Degrag.exe も全く起動する機会がなかったわけですが、なんとこれに SSD の Trim コマンドを送信する機能がついていることが分かりました。Intel 製の SSD の場合には Intel SSD Toolbox から Trim コマンドを送ることができましたが、他社製の場合にはどうすればいいのかなとずっと思っていたのですが、こんな裏技があったんですね。

/L 指定したボリュームに対してトリムを再実行します。

使い方は /L オプションをつけるだけ。
管理者権限で起動したコマンドプロンプトで下記のコマンドを実行すればいいみたいです。

Defrag.exe c: /L

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6934
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン