BLOGTIMES
2014/11/19

MS が Schannel の脆弱性 (MS14-066) に関するパッチを再リリース

  windows 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の定例アップデートで配布されていた Schannel の脆弱性 (MS14-066) に関するパッチは早期の適用が強く求められていました*1が、環境によっては深刻な問題が発生することが判明*2したため、パッチが再リリースされました。影響を受けるのは Windows Server 2008R2 と 2012 のようです

Microsoft、セキュリティパッチ「MS14-066」を再リリース - ITmedia エンタープライズ

MS14-066の更新履歴によると、当初の更新プログラムに含まれていた新しいTLS暗号スイートに関連して少数のユーザーに問題が発生したため、この問題に対処した。Windows 2008 R2とWindows Server 2012のユーザーは、再リリースされた更新プログラムを適用し直す必要がある。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7198
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン