BLOGTIMES
2014/12/02

CentOS7 の FirewallD

  centos7  networking  firewalld 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS7 からは組み込みのファイアーウォールは iptables ではなく、FirewallD*1 が採用されたので、操作が大きく変わりました。

例えば HTTP のポートを開けるには下記のようにします。

firewall-cmd --add-service=http --permanent --zone=public firewall-cmd --reload

また、特定の IP から特定のサービスのみを許可する場合には以下のようにすれば良いみたいです。

firewall-cmd --add-port=3306/tcp --permanent --zone=external firewall-cmd --zone=external --add-source=192.168.222.0/24 --permanent firewall-cmd --reload

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7237
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン