BLOGTIMES
2016/02/02

Windows の dir コマンドでファイル名だけを一覧にする

  windows  cli 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コマンドプロンプトでファイルのリストを得たい場合には dir を使いますが、通常の出力ではファイル名以外にも日付などの情報が一緒に表示されます。
今日は大量にファイルが入っているディレクトリからファイル名だけの一覧にする方法が欲しかったのでいろいろと調べてみました。

通常の dir の出力は以下のような感じになります。

C:\Windows\System32\drivers\etc>dir ドライブ C のボリューム ラベルがありません。 ボリューム シリアル番号は 2E97-60B0 です C:\Windows\System32\drivers\etc のディレクトリ 2015/11/14 19:43 <DIR> . 2015/11/14 19:43 <DIR> .. 2015/05/31 05:30 848 hosts 2013/08/22 22:25 824 hosts.sam 2015/10/30 16:21 3,683 lmhosts.sam 2013/08/22 22:25 407 networks 2013/08/22 22:25 1,358 protocol 2013/08/22 22:25 17,463 services 6 個のファイル 24,583 バイト 2 個のディレクトリ 81,901,449,216 バイトの空き領域

なにか良い方法がないかと思って、help で調べてみると /b スイッチが使えそうということが分かりました。

C:\Windows\System32\drivers\etc>help dir ~省略~ /B ファイル名のみを表示します (見出しや要約が付きません)。 ~省略~

/b スイッチをつけた dir の出力は以下のようになります。
ヘッダの部分や、日付などが非表示になっています。

C:\Windows\System32\drivers\etc>dir /b hosts hosts.sam lmhosts.sam networks protocol services

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8244
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン