BLOGTIMES
2016/12/30

CentOS 7 に maildrop をインストールする

  centos7 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 7 のマシンに maildrop をインストールしようとしたら yum の一般的なリポジトリでは配布されていなかったので、Source から rpm を生成してインストールしてみました。忘れないうちに手順を以下に残しておきます。

ビルド方法

まずはビルドに必要になるライブラリ群を yum でインストールしておきます。

yum install -y libidn-devel pcre-devel gdbm-devel fam-devel

maildrop をインストールするためには courier-unicode-devel が必要になるので、先にこちらをビルドしてインストールしておきます。
具体的にはhttp://www.courier-mta.org/download.html#unicodeから最新番のアーカイブをダウンロードし、適当なディレクトリで以下のコマンドを実行します。

rpmbuild -ta courier-unicode-1.4.tar.bz2 cd ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/ rpm -ivh courier-unicode{,-devel}-1.4-1.el7.centos.x86_64.rpm

最後に maildrop をビルドしてインストールします。
具体的にはhttp://www.courier-mta.org/download.html#maildropから最新番のアーカイブをダウンロードし、適当なディレクトリで以下のコマンドを実行します。

rpmbuild -ta maildrop-2.8.4.tar.bz2 cd ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/ rpm -ivh maildrop{,-devel,-man}-2.8.4-1.x86_64.rpm

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9042
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン