BLOGTIMES
2017/04/15

Solaris で空きメモリを調べる

  solaris  omnios 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Solaris で linux でいうところの free コマンドようなことができないかなと思って調べてみたところ、mdb*1を使うと詳しく出力できることが分かったのでメモ。

mdb はデバッガですが、カーネルの設定を変えたり、こうやってメモリの状況を見たりと使い方がなかなか奥深いです。

# echo "::memstat" | mdb -k Page Summary Pages MB %Tot ------------ ---------------- ---------------- ---- Kernel 4352702 17002 17% Boot pages 166 0 0% ZFS File Data 19550982 76371 78% Anon 31891 124 0% Exec and libs 1511 5 0% Page cache 5641 22 0% Free (cachelist) 6356 24 0% Free (freelist) 1182738 4620 5% Total 25131987 98171 Physical 25131986 98171

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9276
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン