BLOGTIMES
2019/05/07

WSL 2 は軽量な仮想環境で Linux カーネルが動くようになる

  wsl 
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーキテクチャが刷新された WSL 2 が MS から発表されました。

Windows Subsystem for Linux (WSL) のおかげで Windows 10 上で Linux 環境を整えるが劇的に楽になりましたが、例えば net-tools に含まれている netstat が動かないなど、少なからずオリジナルの Linux と挙動が同じにならないという問題がありました。これらについては現在のアーキテクチャに深く根ざした問題なので、改善される予兆が全くありませんでしたが、まさかアーキテクチャごと変えてくるとは思いませんでした。

仮想マシンですが Hyper-V のようなものではなく、もっと軽量なものになるみたいですね。

Announcing WSL 2 | Windows Command Line Tools For Developers

WSL 2 uses the latest and greatest in virtualization technology to run its Linux kernel inside of a lightweight utility virtual machine (VM). However, WSL 2 will NOT be a traditional VM experience. When you think of a VM, you probably think of something that is slow to boot up, exists in a very isolated environment, consumes lots of computer resources and requires your time to manage it. WSL 2 does not have these attributes. It will still give the remarkable benefits of WSL 1: High levels of integration between Windows and Linux, extremely fast boot times, small resource footprint, and best of all will require no VM configuration or management.


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10948
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン