BLOGTIMES
2019/10/31

ターミナルのカラー出力を色つきのままファイル保存する

  sh 
このエントリーをはてなブックマークに追加

カラー出力 - ターミナルのカラー出力を色つきのままファイル保存する

Linux などのターミナルでは ANSI のエスケープコードを使えば文字に色をつけることが可能ですが、これをなんとかして色つきのまま保存する方法がないか調べてみました。

その結果、以下の ansi2html.sh を使うと HTML として保存できることが分かりました。

例えば、画像の出力を ansi2html.sh に通して HTML 保存するとこのような感じで保存することができます。


Match #1:

Binding for "root":
FunctionDecl 0x7fffd94a0d78 </home/hsur/example.c:3:1, line:6:1> line:3:5 main 'int (void)'
`-CompoundStmt 0x7fffd94a0f88 <col:15, line:6:1>
|-CallExpr 0x7fffd94a0ef0 <line:4:2, col:22> 'int'
| |-ImplicitCastExpr 0x7fffd94a0ed8 <col:2> 'int (*)(const char *, ...)' <FunctionToPointerDecay>
| | `-DeclRefExpr 0x7fffd94a0e18 <col:2> 'int (const char *, ...)' Function 0x7fffd948fe08 'printf' 'int (const char *, ...)'
| `-ImplicitCastExpr 0x7fffd94a0f38 <col:9> 'const char *' <BitCast>
| `-ImplicitCastExpr 0x7fffd94a0f20 <col:9> 'char *' <ArrayToPointerDecay>
| `-StringLiteral 0x7fffd94a0e78 <col:9> 'char [12]' lvalue "Hello World"
`-ReturnStmt 0x7fffd94a0f70 <line:5:2, col:9>
`-IntegerLiteral 0x7fffd94a0f50 <col:9> 'int' 0

1 match.


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11316
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン