NP_cles()

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

そのプラグインは、きっと貴方しか作れない

 
投稿者:hsur 投稿日時:2006-10-08 - 04:28
カテゴリー:Programming - - トラックバック(0)- Views: 196

フォーラムではやっとこれまでの経緯が説明され、少しずつ落ち着きを取りもどしていくと思います。今回の一件で僕も自分の脇が甘かったということを痛感しました。僕の方はというと、僕のできること(=コードを書くこと)からということで、今もひとつずつNucleusJPのリポジトリに入っているプラグインの修正作業を続けています。

あまり文章表現がうまくないのでこれまで何も書いてきませんでしたが、でも、今回はどうしても書きたいことがあったので、僕の叫びを書いておきたいと思います。

お断りと前置き。

一応NucleusJPのDeveloperになってしまったので見苦しいのですが、お断りと、前置きをしておきます。このページに記載されているのはhsur個人としての見解であり、NucleusJPの見解ではありません。また、人様にプラグインをリリースすれば作者として一定の責任から逃れることはできませんし、リリースしたプラグインのセキュリティの確保は大事なことであり、それをないがしろにするものではありません。

自分のアイディアを形にするのは、自分にしかできない

今、僕が一番心配しているのは「プラグインを作っている人」「これから作ろうと思っている人」を今回の一件でNucleusのコミュニティが失ってしまうんじゃないかということです。

Nucleusで便利といわれている機能のほとんどはプラグインで実装されています。かゆいところに手が届く、そんな便利さを感じさせるディテールを作りあげている根源は、ユーザー自らが「こんなことができたらいいな」という思い入れであると思います。プラグインはそんな思いがひとつの形を結んだアイディアの結晶なのです。

そのディテールを生み出す根源をブレークダウンしていけば、ほとんどの場合、自分の経験と願望から創造されたものではないでしょうか。その部分については他人がいくらがんばっても後付ができる要素ではありません

もし、僕の作成したプラグインに違和感を感じるようであれば、おそらく僕と違う経験と願望があるということなんでしょう。だから、自分の作ったプラグインに要望をもらえるといういうことは、その人の経験と願望を共有する貴重な機会であり、自分自身はそれを楽しめていると思っています。

ちょっと話が外れましたが、今回の一件でいまこの瞬間にもそんな光り輝く結晶が日の目を見ずに失われていくというのは、自分としては我慢がなりません。それを防ぐために一言、叫んでおきたかったのです。

セキュリティが不安だから・・・・という方も大勢いらっしゃると思いますが*1セキュリティの確保というのは他人に付加してもらうことができる要素なのです。だから、そんなときには素直に助力を求めるだけでよいのです。それは恥ずかしいことではありません。

アイディアがあって、プログラムでなんとか形にできるけど、セキュリティはちょっと心配という場合でもどんどんプラグイン作成してしまってください。作ることは未来に向かって前進することですから、それに関して誰かの迷惑になるということはありません。バグがあってもいいのです。現在のプログラミングではバグの発生を防ぐ確固たる方法はないのですから。バグが出ているというのも前進している証でしょう。

どのようにリリースするかというのは作ってしまってから悩むべき問題です。そんなときにはNucleusJPが相談にのります。もちろん、作成に行き詰ったり、アイディアだけは誰にも負けないものがあるんだけど自分じゃ作れない・・・・という場合で気軽に相談してください。

僕は新しいアイディアを持った方と共同作業ができることに喜びを感じながら、約2年ちょっとの間プラグインの作成を続けてくることができました。きっとそれはこれからも変わらないでしょう。だから、そういうお話があれば僕は時間の許す限りで力になりたいと思います。

まぁ、僕一人の支援くらいでは大した力にはならないかもしれませんが、NucleusJPはそういうことに協力を惜しまない人の集まりであると参加メンバーの一人として感じています。一人でできることはそれぞれ限られていると思いますが、それらを共有できるのがコミュニティの価値なのですから、その思いを共有しませんか?そんなメンバーの一員になってもいいよという方、ぜひともプラグイン作者になってください。

できることからって、すごく単純なことじゃないですか。
「そのプラグインは、きっと貴方しか作れない」
「そのスキンは、きっと貴方しか作れない」
「そのエントリは、きっと貴方しか作れない」


そんな気持ちを大事にできるコミュニティでありたい、あってほしい。その障壁となるものを少しでも取り除きたい。僕の願いはそれだけです。

  • *1: これは当然、自分にも不安はあります。

このエントリは役に立ちましたか?

  

トラックバックについて [policy]

Trackback URL:
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません

Comments [policy]

Andy wrote:

hsurさんの言葉に励まされ(^^;),俺様プラグインを公開してみました。

2006-10-08 23:07 <%HatenaAuth()%> 

hsur wrote:

お疲れ様です。
大先輩のAndyさんに先陣を切っていただいて心強い限りです。
さっそく拝見させていただきますね。

2006-10-09 01:18 <%HatenaAuth()%> 

Add Comments

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン