BLOGTIMES
2007/05/15

Eclipse PDT

  php  eclipse 
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は開発では言語に関係なくEclipse使っています。PHPについてはTruStudioというプラグインを使っているんですが、大きな不便を感じたこともなかったのでEclipseプロジェクトにPDTというPHP向けの開発環境があるということを知りませんでした。

PDT Project

The PDT project is working towards providing a PHP Development Tools framework for the Eclipse platform. This project will encompass all development components necessary to develop PHP and will facilitate extensibility. It will leverage the existing Web Tools Project in providing developers with PHP capabilities.

ソフトウェアアップデートからはhttp://download.eclipse.org/tools/pdt/updates/でインストールできるようなので、早速入れてみました。

あれ、コード補完が効かないぞ?

TruStudioの唯一の不満といえる部分はBuilt-in関数のコード補完が効かないことくらいなのでですが、PDTはネットで見かけるスクリーンショットを見る限りはコード補完ができるみたいなので少し期待していたんですが、なぜかユーザー定義の関数も含めてすべてのコード補完が効きませんでした。ただ、PHP FunctionsというところにはBuilt-in関数の一覧が出ているので、僕のEclipseに何らかの不具合があるのかもしれません。

ちょっと調べて後日、再挑戦したいところです。

2007/05/16追記

PDT - Eclipse PDT

動くようになりましたー。プロジェクト内のクラスやメソッドもきちんと認識してくれてすごい便利!。こうなってくると自分のプラグインもちゃんとphpDocumentorに対応したコメント書かなきゃなぁと思います。

肝心の原因ですが、対象とするプロジェクトがPHPプロジェクトになっていなかったのが原因でした。おそらく.projectにきちんとビルダーが設定されていなかったからでしょうね。初歩的ミスです。

簡単に導入するには?

そういえばEclipseはインストールがめんどくさいという話もあるみたいですがPDT使いたいというだけならば、ダウンロードサイトにPDTがはじめからパッケージされているバージョン(All-in-Oneと書いてあるもの)も用意されているのでこれを使うと楽です。

PDTの設定について日本語の手順が必要であれば、【コラム】イマドキのIDE事情 (6) EclipseでPHP開発! PHP Development Tools | エンタープライズ | マイコミジャーナルが参考になると思います。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2005
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    Andy (2007/05/16 19:01) <%HatenaAuth()%>

    いろいろありがとうございます。まだインストールしただけですが,時間があるときに試してみます。

    hsur (2007/05/19 11:47) <%HatenaAuth()%>

    いえいえ。
    なにかあったらまたぜひ。

    まつぼっくり (2008/03/27 22:27) <%HatenaAuth()%>

    PDT使い出しました。
    半年ぐらい前の、phpideからの移行でした。

    オートコンプリートがきかなくて困っていましたがこちらの記事がヒントになり無事解決しました。

    新規作成したプロジェクトの.projectファイルを既存の.projectにマージしたら動きました。

    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン