BLOGTIMES
2009/01/25

Rubyでのファイル操作はFileUtilsで

  ruby 
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、ファイルの操作はシェルスクリプトがあれば十分ですが、ちょっと複雑な条件のファイル移動をする必要がありRubyのスクリプトを書いていたんですが、Fileにはあまり直感的なメソッドがなくてちょっとイライラしていたのですが、ファイル操作にはもっと便利なFileUtilsあったので忘れないようにメモ。

プログラムの例

親ディレクトリがなければ再帰的に作成("mkdir -p"と同じことをしてくれる)

require 'fileutils' FileUtils.mkdir_p('./foo/bar/baz')

ファイルをまとめて移動

require 'fileutils' FileUtils.mv(['hoge.txt', 'hogehoge.txt'], '/move/to/')

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2896
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン