BLOGTIMES
2011/03/05

時時務佛簡編塵

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はこれだけ覚えられればじゅうぶん。
自分には少し塵が積もっているかもしれません。

桂林莊雜詠示諸生 (廣瀬淡窓)より*1

長鋏歸來故國春
時時務佛簡編塵
君看白首無名者
會是談經奪席人

今考えても、恩師との最初の会話は衝撃的でしたね。
「で、君は何が研究したいの?」
「なんて言えばいいんですかね。ソフトウェア設計とか、開発の方法をよくするようなことがしたいですね。」
「その歳でそんなことがやりたいのですか?それでは、私のところで博士を取りなさい。」
これは2002年の11月頃の話ですが、結局その通りになってしまいましたね。


こんな記事もあります 「淡窓 時務 雑詠
トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4103
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン