BLOGTIMES
2011/03/04

家賃の更新料の是非が決着するらしい

  law  賃貸  mlit  裁判 
このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨年くらいから賃貸住宅の更新料が有効か無効かで裁判になっているわけですが、この件がとうとう最高裁判所に持ち込まれて統一判断が示されることになったようなのでメモ。

<賃貸マンション>更新料訴訟3件、統一判断へ 最高裁 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

賃貸マンションの更新料を徴収する契約が消費者契約法に反するかどうかが争われ、高裁段階の判断が分かれた3件の訴訟で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、借り主と貸主側の双方から意見を聞く弁論を6月10日に一括して行うことを決めた。弁論を経て判決で統一判断を示すことになる。
更新料が設定されているマンションは全国で100万戸以上とされる。国土交通省の10年の調査では、全国の貸主の23.5%が採用している。首都圏や京都で設定率が高く、賃貸契約で「家賃の1カ月分」などと定めて更新の際に借り主が貸主に支払う。

ちなみに僕も更新料払っているので、判決によっては何か動きがあったりするのかな。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4102
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン