BLOGTIMES
2013/06/09

只見線と廃止された田子倉駅

  fukushima  railways 
このエントリーをはてなブックマークに追加

駅舎 - 只見線と廃止された田子倉駅駅舎内 - 只見線と廃止された田子倉駅

並行する単線の只見線を眺めながら、

「さすがにこの辺は電化されてないね」
「この辺はまだタブレットじゃなかったっけ?」
「去年くらいに廃止されてニュースになってたはず」*1*2

とマニアックな話をしながら R252 を西進していました。

第1のニアミス

我々的にはこれで平常運転ですが、友人がケータイで Twitter を眺めながら「フォロワーさんが只見線で逆方向から向かってきてるw」などと言うので、これには車内で大盛り上がり。

おそらく田子倉駅周辺になるだろうということだったのですが、それよりも手前で沿線にカメラを構えた人が沢山いることに気づいた*3ので、線路の方に目を向けていると、その方が乗った電車が眼下を駆け抜けて行きました。望遠レンズを持っていたので、タイミングが良ければその勇姿を写真に納めたかったですね。この只見線沿いは谷の感じも綺麗でしたし。

第2のニアミス

その後、先日廃止されたばかりの田子倉駅*4に到着。田子倉駅はシェッドに覆われたような地下駅ですが、立ち入り禁止のロープが張られていて中に入ることはできませんでした。周りに何もないので、これは廃止されるのも仕方ないですね。ここもマニアの聖地なのか、我々以外にもカメラで写真を撮っている方を発見。妙に近親間が湧きましたが、後に実はこの方も友人のフォロワーさんだったことが判明。予想以上に私の友人のフォロワーさんは濃い人が多くてびっくりしました。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5870
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン