BLOGTIMES
2014/10/13

加賀須野橋、新旧そろい踏み

  tokushima  bridge 
このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀須野橋 3代目と4代目 - 加賀須野橋、新旧そろい踏み3代目は上がったまま - 加賀須野橋、新旧そろい踏み

8月8日に開通したばかりの4代目加賀須野橋を見てきました。

可動橋なので、下を船が通るときには路面を上にずらして、その下を船が通ることができるようになっています。
先代の可動橋はまだ撤去されておらず、跳ね上げたままになっていました。

加賀須野橋架け替え事業 一般県道 川内大代線

川内大代線は、徳島市川内町を起点とし鳴門市大津町を結び、国道11号を補完するとともに、通勤・通学等の生活道路としても重要な路線です。
今切川は、公共岸壁の利用や工場郡への資材搬入等を行うための重要な航路であることから、加賀須野橋は県内唯一の可動橋となっています。
しかし、同橋は老朽化が著しく、自転車歩行者道がなく、可動部は1車線しかないなど交通のネックとなっています。
また、可動部が短く航路幅が狭小なため、これまでに何度も船の衝突事故が起き、通行に支障をきたしてきました。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7126
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン