BLOGTIMES
2015/02/14

CentOS7 で service httpd graceful をするには

  centos7  systemmanagemant  httpd 
このエントリーをはてなブックマークに追加

普通、運用中の httpd を再起度するときは restart ではなく graceful を使うと思います。
が、systemd の場合は graceful とやってもそんなの知らないよと言われてしまうので systemd の流儀を調べてみました。

# systemctl graceful httpd Unknown operation 'graceful'.

systemd の場合は /usr/lib/systemd/system 以下にある .service ファイルに定義が書いてあるので、これを眺めてみると一撃で解決。systemctl reload httpd という感じで、reload を使うのが正しいようです。

/usr/lib/systemd/system/httpd.service

[Unit] Description=The Apache HTTP Server After=network.target remote-fs.target nss-lookup.target [Service] Type=notify EnvironmentFile=/etc/sysconfig/httpd ExecStart=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -DFOREGROUND ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k graceful ExecStop=/bin/kill -WINCH ${MAINPID} # We want systemd to give httpd some time to finish gracefully, but still want # it to kill httpd after TimeoutStopSec if something went wrong during the # graceful stop. Normally, Systemd sends SIGTERM signal right after the # ExecStop, which would kill httpd. We are sending useless SIGCONT here to give # httpd time to finish. KillSignal=SIGCONT PrivateTmp=true [Install] WantedBy=multi-user.target

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7392
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン